Instagramの長時間動画サービス「IGTV」がリリース。投稿方法や視聴方法とは?

インスタのイマドキ

Pocket

Instagramから公式に、長編動画を投稿するためのアプリ「IGTV」がリリースされました。
【参考】「IGTVへようこそ(Instagram INFO CENTER)

今回は、IGTVでなにができるのか、今後Instagramのトレンドはどのように変化をしていく可能性があるのかをまとめました。

目次

1.Instagramの長時間動画サービス「IGTV」とは

IGTVとは、Instagramが公式に発表した長編動画共有サービスで、その名の通り「IGTV」という名でInstagramとは別にアプリがリリースされています。

appstore IGTV

これまでInstagramに投稿できる動画は1分間まででしたが、IGTVがリリースされたことで最大60分間の動画をシェアできるようになりました。

1-1.IGTVの動画を視聴する方法

まずIGTVアプリをインストールします。
IGTV(https://itunes.apple.com/jp/app/igtv/id1394351700?mt=8

IGTVアプリを立ち上げると以下の画面が表示されるので、指示に従い進めていきます。
IGTVログイン1

IGTVログイン2

通知を許可すれば、自分の投稿に他のユーザーがアクションをしてくれた際に通知が来るようになります。
IGTVログイン3

IGTVアプリを起動すると、すでに投稿されている他のユーザーの動画が自動的に再生されます。
「おすすめ」「フォロー中」「人気」「視聴を再開」のタブを切り替えることで、自分が見たいチャンネルを切り替えることができます。
IGTVトップ

「おすすめ」タブには人気投稿(いいねやコメント、視聴数が多い投稿)の他、自分がフォローしているアカウントの動画など、Instagramが独自のアルゴリズムで自分に関係があると判断された動画がレコメンドされるようです。

「フォロー中」タブには自分がフォローしているアカウントの動画が、「人気」タブには前述の通り多くのInstagramユーザーから人気を集めている動画が、そして「視聴を再開」タブは視聴を中断している動画が表示されます。

1-2.IGTVに動画を投稿する方法

IGTVに長時間動画を投稿するためには、まずチャンネルを開設する必要があります。
画面内のプロフィールアイコンもしくはその隣の設定アイコンをタップしましょう。
IGTVチャンネル作成

あとは設定画面の「チャンネルを作成」ボタンから指示に従って進めていくだけです。
IGTVチャンネル作成設定

IGTVチャンネル作成1

IGTVチャンネル作成2

IGTVチャンネル作成3

これでチャンネルが作成できました。
次に、画面下部の「動画をアップロード」というところをタップします。
IGTVチャンネル作成済み

再び指示が出てきますので、写真へのアクセスを許可します。
IGTV長時間動画投稿1

投稿したい動画を選択します。
IGTV長時間動画投稿2

動画にはカバー画像を設定できます。
ここで設定されたカバー画像が、その動画の顔になります。
IGTV長時間動画投稿3

IGTV長時間動画投稿4

あとは、タイトルなど必要な情報を入力し、「投稿する」ボタンからシェアして完了です。
IGTV長時間動画投稿完了

IGTVに投稿した動画は、Instagram内のストーリーズハイライト部分に表示されるようになります。
IGTVストーリーズハイライト

また、InstagramからもIGTVを視聴・投稿することができます。
Instagramアプリの画面上部にオレンジ色のIGTVボタンが設置され、そこからIGTVの視聴、投稿が可能です。
InstagramからIGTV

そして、ビジネスプロフィールに設定しているInstagramユーザーは、IGTVでもインサイトを確認することができます。
IGTVインサイト

IGTVでいいねやコメントがついた場合はInstagramアプリにも通知が届く仕様になっているので、ユーザーからのリアクションを見逃すことは無いでしょう。
IGTV通知

2.IGTVのさまざまなルールや機能

ここまでIGTVの基本機能について紹介をしましたが、長時間動画を投稿するにはいくつかのルールや注意点があります。

  • IGTVのさまざまなルールや機能
    • 15秒〜10分間の動画限定である。
    • 動画を投稿するにはチャンネルを作成する必要がある。
    • フォロワーが多く、かつ認証アカウントであれば60分間の動画投稿が可能になる(ただしPCからのみ)。
    • 動画のフォーマットはMP4のみ。
    • アスペクト比は4:5から最大9:16で、スマートフォンに最適化された縦型のサイズに対応。
    • データ容量は、10分以内の動画であれば650MBまで、60分以内の動画であれば5.4GBまで。
    • IGTVでフォローしたチャンネルは、Instagramのアカウントも同時にフォローされる。
    • IGTVの動画にいいねやコメントがつくと、同時にInstagramにも通知が反映される。
    • IGTVの動画についたコメントをInstagramアプリで返信することができる。

その他、詳細についてはこちらの公式ヘルプセンターをご確認ください。
IGTV(https://help.instagram.com/381435875695118

3.IGTVに見る、Instagramの今後の可能性とは

IGTVはまだ生まれたばかりのサービスです。
そのため、これから何ができるようになるのか、どのように機能が追加されどのようにユーザーに使われていくのかという可能性は無限に考えられます。

今後IGTVがどのような展開をするのかということは常に注目しておきたいところですが、たとえばYoutubeを始めとした他の動画投稿サービスのユーザーがIGTVに流れてくる可能性や、現在Instagramでも通常の投稿やストーリーズにおいて広告が配信できるように、今後IGTV内に広告配信できるようになる可能性は否定できないでしょう。
特にYoutubeとは違い、スマートフォンに最適化された「縦型動画」であるという点は、スマートフォンが生活に馴染んでいる層において支持を得られる強みではないでしょうか。
また、先日日本国内でもリリースされたショッピング機能との連携も気になるところです。

いずれにせよ、企業としても一般ユーザーとしても、「縦型で、Instagramと連携され、長時間の動画を投稿できるIGTVには目が離せません。

Instagramマーケティング支援を行っているテテマーチも、引き続きInstagramのビジネス活用方法についてさまざまな視点からアプローチをしてまいります。

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え、多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2018年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation