InstagramでFacebookページ連携せずにビジネスプロフィール設定する方法

インスタビジネス活用

Pocket

Instagramでビジネスプロフィールを設定する場合、今まではFacebookページと連携する必要がありました。
ところが、どうやらInstagramはその仕様を変更したようです。

つまり、Facebookページを持たずとも、Instagramでビジネスプロフィールの設定ができるようになったということです。
ここでは、Facebookページを持たずにInstagramをビジネスプロフィールに変更する方法について紹介します。

※こちらの記事には未確認情報も含まれています

目次

1.そもそもビジネスプロフィールとは

ビジネスプロフィールとは

Instagramにおけるビジネスプロフィールとは、簡単にいうとInstagram内のインサイト情報を調べることができる機能のことです。
ビジネスプロフィールに設定することでなにができるようになるのか、簡単に紹介します。

1-1.ビジネスプロフィールの機能

Instagramをビジネスプロフィールに設定することで、投稿した内容が何人にリーチしたのか、その投稿によってどのくらいフォロワーが増えたのか、またその投稿が窓口となって何人がプロフィールページに訪れたのかなどを確認することができます。

他にも、ビジネスプロフィールに変更することでInstagram広告の配信も可能になり、プロフィール画面から直接そのアカウントの電話番号もしくはメールに連絡をすることが可能になります。

広告の配信料を除き、これらの機能が無料で利用できるということで、多くの企業が自社で運用しているInstagramアカウントをビジネスプロフィールに設定していることでしょう。

1-2.これまでのビジネスプロフィール

ただし注意が必要なのは、これまでInstagramをビジネスプロフィールに設定する場合はFacebookページを持たなければならなかった点です。
つまり、Facebookページの運用が必要ではない場合であっても、Facebookページを作成しなければならなかったということです。

そのため、Facebookページを作成するために社内で稟議を通さなければならない企業の場合は、すぐにInstagramアカウントをビジネスプロフィールに変更することができないことがありました。

2.ビジネスプロフィールの設定にFacebookページとの連携が不要に

facebookページ不要

さて、これまではInstagramをビジネスプロフィールに設定するにはFacebookページを連携させる必要があったのですが、どうやらInstagramはその仕様を変更し、Facebookページを持たずにInstagramをビジネスプロフィールに変更できるようになったようです。

そこで、Facebookページを持たずにInstagramをビジネスプロフィールに変更する方法について紹介します。

2-1.これからのビジネスプロフィール設定方法

まずはInstagramアプリからログインし、設定画面を表示します。この中の「ビジネスプロフィールに切り替える」を選択します。
ビジネスプロフィール設定

「ビジネスプロフィールに切り替える」を押すとこのような画面が出てきますので、説明を読みながら「次へ」のボタンを押していきます。
ビジネスプロフィール設定説明

すると、「Facebookにリンク」という画面が表示されますが、ここでなにも入力せずに画面下部にある「スキップ」を押すことがポイントになります。
Facebookスキップ

次の画面では、Instagramアカウントのカテゴリを聞かれるので、自分のInstagramアカウントに最適なものを選びましょう。
ちなみにカテゴリには以下のような項目が用意されています。

  • イベントソース
  • ウェブサイト・ブログ
  • スポーツ
  • その他
  • テレビ
  • ブランド・製品
  • ローカルビジネス
  • 映画
  • 音楽
  • 企業・団体
  • 人物
  • 本&雑誌

Instagramカテゴリ

最後に連絡先の登録です。メールアドレスもしくは電話番号を登録します。
ビジネスプロフィール登録

メールアドレスもしくは電話番号どちらかを入力しない場合はアラートが表示され、ビジネスプロフィールの設定を完了させることができません。

連絡先を入力したら、完了を押せばビジネスプロフィールに切り替えができます。
ビジネスプロフィール登録完了

2-2.登録が完了すると表示される意外な画面とは

ここまででInstagramをFacebookページを紐付けることなくビジネスプロフィールに変更することができましたが、気になる点があります。
それは、登録を完了させると表示されるこちらの画面。
Facebookページ自動生成

どうやら、Facebookページと連携をさせずにInstagramアカウントをビジネスプロフィールに変更した場合、自動でFacebookページが生成されるようです。
ただしこちらに関しては実際に確認ができていないため、引き続き検証を行っていきます。
Facebookページの自動生成に関連した公式のアナウンスはこちらからご確認ください。

ーーHow do I claim an unmanaged Facebook Page for my Instagram account?

2-3.ビジネスプロフィールを元の個人用アカウントに戻すとどうなるか

ビジネスプロフィールを個人用アカウントに戻すには、再び設定画面を開くと「個人用アカウントに切り替える」という項目があるのでそちらから設定を変更します。

ただし、ビジネスプロフィールを元の個人用アカウントに戻した場合は、それまで収集していたインサイト情報が破棄されるので注意が必要です。
そのため、もしもインサイト情報を残しておきたい方は、ビジネスプロフィールのまま維持しておくことを推奨します。

3.Facebookページを持たずにInstagramをビジネスプロフィールに設定するメリット

ビジネスプロフィールのメリット
Facebookページを持たずにInstagramをビジネスプロフィールに設定するメリットとして考えられることは2点あります。
1点目は、Instagramインサイトを利用する目的のためだけに無駄にFacebookページを開設しなくても良いということ。2点目は、Facebookページを開設する許可が降りないという企業でもInstagramインサイトを利用可能になるということです。
よって、今までよりもInstagramをビジネスプロフィールに変更するユーザーが増えることが予想されるでしょう。

今後Instagramがどのように仕様変更し、機能を追加していくのか目が離せません。

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え、多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2018年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation