ストーリーズに新機能!インスタグラムに導入されたアンケート機能を徹底調査!

基本機能紹介

Pocket

米Facebook傘下のInstagramは2017年10月3日(現地時間)、ストーリーズの新機能として、アンケート機能の追加を発表しました。
一般的な使い方の説明に加え、ビジネス活用の仕方についても見ていきます。どんどん進化していくインスタグラムのあり方を徹底考察していきます!

目次

1.アンケート機能とは

まず、アンケート機能とはどんなものなのか、使い方について分かりやすく説明していきます。

1-1.新機能にできること

今回新しく追加されたアンケート機能では、インスタのストーリーズ機能で発信する静止画や動画上で、2択のアンケートを作成および表示することができ、アンケートを見た人がどちらかに投票することができるようになっています。

アンケートに投票されるたびに、回答の割合がパーセンテージで常に更新されますが、ストーリーズ機能が24時間で消えてしまうことから、アンケートも同じように24時間で消えてしまいます。

また、注意点として、アンケートに回答すると、だれがどちらに回答したか通知がいってしまう点です。ここがツイッターのアンケート機能とは違う点なので気を付けてください。

1-2.アンケートの使い方

まず、インスタグラムを開き、左下の家のマークを押してタイムラインを開きます。

左上のカメラマークをタップしてください。
そうするとストーリーズに投稿するためのカメラが起動します。

カメラが起動したら真ん中の白いボタンをタップして撮影しましょう。
短く押せば静止画が、長く押せば押してる間ずっと動画がとれます。

静止画なり動画なりとれたら、右上の4つ並んだアイコンの1番左のアイコンをタップしてください。

そうするといろんな選択肢がでてくるので、「アンケート」を選びましょう。

アンケートを選択すると、画面にアンケートが表示されます。
アンケートの質問内容とその選択肢の部分を記入して、画面右上の「完了」を押してください。

そうすると、誰に送信するのかという選択画面になるので、「ストーリーズ」を選択したらアンケートの投稿完了です。

2.企業のアンケート機能活用事例

ここまで、一般的な使い方を見てきました。
ここからは、アンケート機能をどうやってビジネス活用していくのか、事例を見ながら考えていきます。

2-1.スポーツ関連

まずご紹介するのが、スポーツ関連のアカウントによるアンケート利用法です。

@オーランドマジックという、アメリカフロリダ州オーランドが本拠地のバスケットチームのアカウントです。

こちらのアカウントでは以下のようにアンケートを利用しています。

2つのプレーの動画を並行してストーリーに投稿し、WITCH DUNK IS BETTER?(=どちらのダンクシュートが良いですか?)とアンケートを活用しています。

そして次のストーリーでは今夜の試合を告知しています。

このように、試合の宣伝にも使えるというわけです。
スポーツ×インスタの新たな活用事例ですね。

2-2.ウェディング関連

続いて紹介するのは@martha_weddingsというウェディング関連のアカウントです。

写真のように、どちらのドレスが着たいか、アンケートを行っていますね。

商品の比較にもこのアンケート機能は使えそうです。

3.変わるインスタグラムの在り方

アンケートのビジネス活用例を見てきました。
ここからは、このアンケート機能が追加されたことによって、その利用方法にどのような変化をもたらすのか、その変化について考察していきます。

3-1.他のSNSツールの機能を網羅

まず挙げられるのが他のSNSツールの機能を網羅している点です。

たとえば、ストーリーズ機能はスナップチャットを網羅しています。
以前スナップチャットをやっていた人も、ストーリーズ機能を使うようになったという人もいると思います。

さらにストーリーズ機能で自撮りを上げようとインカメにすると、SNOWの機能のように犬や猫の耳が画面上に現れるという機能もついています。

3-2.「百聞は一見にしかず」法則

スナップチャットやストーリーズ機能はSNSのあり方に革命を起こしたと私は考えています。
その理由は、外部に何かを発信するSNSでありながら「すぐに消える」という制限をつけたことです。

永遠に投稿が残るツイッターの投稿は、時にタイムラインに埋もれてしまったり、文章なので投稿が見逃されてしまうこともあります。
しかし、一瞬で消えてしまうストーリーズ機能は、その投稿された動画がすべて順番に表示されていくので、絶対に目にとまります。

内容も動画が多いので印象に残ります。まさに「百聞は一見にしかず」とはこのことです。

3-3.インスタグラムのツイッター化

衝撃的なデータかもしれせんが、以下のグラフを見てください。

2017年10月に現役大学生88人にアンケートをとったところ、半分以上の人が「ストーリー機能を使い始めてからツイッターの利用頻度が減った」と回答しています。

詳しく聞いてみると、「ツイッターでつぶやきたかった内容をストーリーに投稿することで、投稿欲が消化されている」ようです。

また、ストーリーに投稿された内容に対する返信はすべてDMで他人には見られないため、投稿する側もコメントする側も気軽な気持ちで使えるというのがメリットでもあります。

昔はキラキラした日常をアップするイメージだったインスタグラムですが、現在では「キラキラした写真はタイムラインに投稿」「日常の様子はストーリーに投稿」という使い分けをしているようです。
通常投稿とストーリーの使い分けは以下を参考ください。

4.まとめ

インスタグラムの国内アクティブユーザーは、2017年10月には、2000万人を突破しました。
大衆に受け入れられるほど、便利で使いやすいツールになっていくことでしょう。
今後の発展に注目です。

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え、多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2017年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation