Instagramのアプリ上から認証バッジの申請・取得をする方法とは?

基本機能紹介

Pocket

Instagramにおいてアカウントに権威性、信頼性を持たせる手段の一つとして「認証バッジ」が挙げられます。
認証バッジとは、Instagramのアカウント名の横に表示される青色のマークのことで、今までは一部のユーザーのみ申請・取得することが可能でしたが、今回新たにInstagramアプリ上から認証バッジの申請が可能になりました。

そこで、今回は認証バッジの申請方法を紹介します。

目次

1.Instagram認証バッジとは?

Instagram認証バッジとは、アカウント名の横にある青いチェックマークです。
これは、Instagramが著名人、有名人、ブランドのアカウントが公式であるということを認めたことを表します。しかし今までは、Instagramが独自の基準でInstagram認証バッジを発行しており、基本的に一般ユーザーからの申請・承認は対応していませんでした。
ーー参考:Instagramヘルプセンター「認証バッジ」

しかし今回、どのユーザーでも簡単にInstagram認証バッジのリクエストが可能になったので、ここからは申請方法について紹介します。
※Instagram認証バッジの発行についてはInstagram側の判断となります

2.Instagram認証バッジ申請方法

Instagram認証バッジの承認リクエストは簡単です。実際にスマートフォンの画面を使いながら説明します。

①まずはじめにプロフィールページの右上にある3本線をタップします。

Instagram認証バッジ申請方法

②すると、下部に「設定」が表示されるので、そちらを更にタップします。

Instagram認証バッジ申請方法

③その中にある「アカウント」という項目の一番下に【認証をリクエスト】というボタンが出てくるので、こちらを押して認証リクエストページに移動します。

Instagram認証バッジ申請方法

④ユーザーネームはすでに入力してあるので、氏名を記入し、生年月日が記載された公的な書類もしくは正式な事業者書類をアップロードします。

⑤【送信】をタップすると、申請が完了します。

3.まとめ

今回、すべてのInstagramユーザーが認証バッジをリクエストできるようになりました。

しかしながら、審査を通過し認証バッジを持つことができるは一部のアカウントのみです。
認証バッジの申請が承認されるアカウントの傾向として挙げられるのは、フォロワー数やコンテンツの量、更に公式URLをプロフィール上に貼っているか等ですが、その基準や条件は公開されていないため、誰でも申請はできるものの承認されるとは限りません。

とはいえ、認証バッジが付くことによって、

  • Instagram内の検索で上位になり、ユーザーからアカウントにアクセスされやすくなる
  • 一目で公式アカウントとわかるので、ユーザーは安心してコミュニケーションを取ることができる

といったメリットがあります。

これを機に、Instagramのコンテンツや運用の目的を見直し、Instagram認証バッジの申請をしてみてはいかがでしょうか。

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え、多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2018年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation