Instagram内でショッピング完結が現実に?「Checkout」機能とは

インスタのイマドキ

Checkout
Pocket

2018年6月5日、日本にも導入されたショッピング機能に新たな動きが見られています。従来のショッピング機能のようにECサイトに移動することなく、投稿のアイテムをInstagram内で支払いまで完結させられる「Checkout」機能がクローズドβとして米国で提供されているとのこと。今回は「Checkout」機能についての解説をします。
※NY情報部から届いた「Checkout」機能レポートはこちら。
ーー参考:NYより速報。インスタグラムのCheckout機能を実際に使ってみた

※現在日本で導入されているショッピング機能についてはこちら。
ーー参考:インスタグラムでショッピング機能がリリース!商品の販売と購入が直接可能に

目次

1.Instagramに新登場「Checkout」機能とは?

米国で現在クローズドβ版が展開されている「Checkout」機能の使い方をご紹介します。

プレスリリースページだけではなく、Instagramの公式ツイッターでもInstagramアプリでのショッピング、支払い、配送の流れまで説明した動画がツイートされています。

  1. まず、「Checkout」機能に対応しているアカウントの投稿についている商品タグをタップします。
  2. 商品ページに移り、画面下部に表示された「Checkout on Instagram (Instagramでチェックアウト)」というボタンをタップします。
  3. サイズや色を選択してタップすると、Instagram内の決済ページに進みます。ここで氏名、メールアドレス、請求先情報、配送先住所を入力します。

ここで入力した情報は保存されるため、2回目以降はスムーズに注文することができます。
また、Instagramから出荷と配達に関する通知を受け取れるため、購入した商品を追跡することもできます。

2.2019年3月20日現在の対応アカウント

新機能立ち上げの現在(2019年3月20日)は以下のアカウントが「Checkout」に対応しています。数カ月以内にさらに対応アカウントを追加する予定とのことです。

2019年3月20日現在の「Checkout」対象ブランド一覧

3.まとめ

「Checkout」機能の登場によって、Instagram内で商品の発見から購入、支払いまでのすべてを完結できるようになりました。特にデジタルネイティブ世代の人々は、SNSを特に理由や目的がなくても日常的に確認しています。商品購入に繋がる機会は圧倒的に増えるのではないでしょうか。いまは大手ブランドのみの対応となっていますが、さらに対応アカウントが拡大していったときに既存のECサイトがどのようにして顧客を引きつけるかという面にも注目が集まりそうです。

ーー参考:Introducing Checkout on Instagram

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

国内月間アクティブアカウント数が3,300万を突破し、多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2019年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation