エンゲージメント率10%以上!?テーマを絞ったマイクロインフルエンサーの影響力

cooks-842244_1920
Pocket

海外でも注目されるマイクロインフルエンサー。フォロワーの数よりもアカウントの質を評価する動きが出てきているようです。今回は、実際にエンゲージメント率が10%を超える国内のアカウントを参考にマイクロインフルエンサーの影響力を見ていきたいと思います。

目次

1.マイクロインフルエンサーとは

先日DIGIDAYの記事で話題を集めていた、マイクロインフルエンサーはご存知でしょうか?インフルエンサー・マーケティング・プラットフォームのマーカリー(Markerly)が、200万人のソーシャルメディア上のインフルエンサーを対象として、実施した調査によると、スポンサーつきでないインスタグラムの投稿に対する「いいね!」の割合は、フォロワー数が増加するにつれ、「いいね!」率は下がっていくという結果でした。

フォロワー数 エンゲージメント率
1000未満 8%
1000~1万 4%
1万~10万 2.4%
10万以上 1.7%

また、コメント率でも同様のパターンが見られようです。

このように、「フォロワー数が多い=影響力が強い」が一概に言いづらくなってきているようです。
一方で、フォロワー数が1万未満で日常的にソーシャルメディアを利用している「マイクロインフルエンサー」と呼ばれるユーザーのフォロワーは、たいていが友人や家族なので、投稿に対する信頼は高く、エンゲージメントも盛んだという見られ方もされているようです。

つまり、ファッションや料理など分野が特定されている業界でプロモーションを打つ場合、単純にフォロワーが多いインフルエンサーよりも、フォロワー数はそこまで多くはないが各ジャンルでテーマを絞ったアカウントを運用しているマイクロインフルエンサーを複数アサインするほうが成果が見えやすいということです。
(参照:DIGIDAY

2.料理系マイクロインフルエンサー

インスタグラムで、人気な料理の投稿!多くのユーザーが手作り料理の投稿をしていますが、料理の投稿をしているユーザーの中でも多くのファンに支持されエンゲージメント率が10%を超えるユーザーを紹介します。
※エンゲージメント率 いいね数÷フォロワー数の数値

2-1. erichaan.1117

IMG_2466 IMG_2475

https://www.instagram.com/erichaan.1117/
フォロワー数1,372人(2016年5月15日現在)
チョコペンを上手に使い、キャラクタースイーツをつくるerichaan.1117さん。お馴染みのまっくろクロスケや、くまのプーさんだけでなく、最近話題のおそ松さんまで!プロ並みのスイーツには200件以上のいいねがつくことも多く、エンゲージメント率は20%を超えることも有ります。フォロワーさんからは、「見てて楽しくてフォローさせていただきました(^^)ほんとにもう癒されます笑スヌーピーのクッキーの型は手作りなんでしょうか??」などのコメントも有り、多くのスイーツファンがフォローしているのがわかりますね。

2-2. bigmom10

IMG_2467 IMG_2476

https://www.instagram.com/bigmom10/
フォロワー数7,216人(2016年5月15日現在)
和食を中心に、プロ顔負けのクオリティとインスタグラム映えする料理写真を投稿するbigmom10さん。お料理のクオリティももちろんですが、料理が添えられる食器のセンスも抜群です。いいねは2,000件以上つくことも有りエンゲージメント率はなんと30%超えも。コメントも100件近くついておりフォロワーが大きな関心を寄せていることがわかります。英語でのコメントも多く海外ユーザーのファンも多いようです。

2-3. mioka24

IMG_2468 IMG_2477

https://www.instagram.com/mioka24/
フォロワー数6,625人(2016年5月15日現在)
独学スイーツづくりを行う、mioka24さんのアカウントを除くと専門でスイーツ作りを学んだことが無いということが信じられないくらいクオリティの高いスイーツが並んでいます。写真の構図や光の取り入れ方も抜群でまるでプロカメラマンが撮っているような見栄えです。投稿にはエンゲージメント率が50%近い3,000件を超えるいいねがつくこともありフォロワーさんの大きな指示を得ているようです。

3.ファッション系マイクロインフルエンサー

インスタグラムをファッションの参考に取り入れるという女性ユーザーは少なくなく、雑誌のモデルさんよりも身近で参考になるお洒落なインスタグラムユーザーは多いのです。今回は、ママコーデをテーマにエンゲージメント率の高いユーザーを見てみました。

3-1. mocchi_1126

IMG_2469 IMG_2478

https://www.instagram.com/mocchi_1126/
フォロワー数4,972人(2016年5月15日現在)
UNIQLOや、無印などプチプラアイテムをお洒落に着こなし親子コーデが可愛いmocchi_1126さん。投稿したコーディネートは、
オカン
トップス #ユニクロ
パーカー 無印良品
パンツ ZARA
小春
トップス ユニクロ
パーカー プティマイン
パンツ ジャンクストア
と、アイテム紹介もしているのでフォロワーさんはファッションの参考にし易いですね。投稿には700~900件のいいねがつくことも有り、エンゲージメント率も軽く10%を超えています。

3-2. saaya0501

IMG_2470 IMG_2479

https://www.instagram.com/saaya0501/
フォロワー数765人(2016年5月15日現在)
楽天shopの浴衣モデルやサロンモデル経験も持つsaaya0501さん。モデル経験もあるということで、洗練されたコーディネートですがしまむらのキッズを取り入れたりとプチプラファッションで、ママたちには非常に参考になるのではないでしょうか。投稿には200件を超えるいいねが付き、エンゲージメント率は30%以上になることも。

3-3. miki.0921.f

IMG_2471 IMG_2480

https://www.instagram.com/miki.0921.f/
フォロワー数1,636人(2016年5月15日現在)
2人のお子さんと可愛く楽しい写真を投稿するmiki.0921.fさん。親子や兄妹のおそろいコーデが可愛らしく、投稿には500件を超えるいいねがつくことも。思わず、吹き出しそうになるような秀逸なコメントつき写真もフォロワーさんの指示を得ているポイントではないでしょうか。

4.勉強系マイクロインフルエンサー

食べ物や、ファッションだけでなくインスタグラムの勉強アカウントというものがあることをご存知でしょうか?中高生や専門学校生を中心に勉強風景を投稿するアカウントが流行っているのです。勉強を頑張る仲間同士励まし合うコミュニケーションが多そうですが、みんなが使っているお洒落なステーショナリーをチェックする場にもなっているようです。

4-1. study_mako106

IMG_2472 IMG_2482

https://www.instagram.com/study_mako106/
フォロワー数4,006人(2016年5月15日現在)
医学系の勉強を頑張るstudy_mako106さん。日々の勉強進捗をインスタグラムに投稿しノートの使い方や、勉強の仕方などフォロワーとのコミュニケーションをとっています。投稿には400件を超えるいいねが付き10%以上のエンゲージメント率が出ています。

4-2. study__ui

IMG_2473 IMG_2483

https://www.instagram.com/study__ui/
フォロワー数3,650人(2016年5月15日現在)
看護系の進学を目指すstudy_uiさん。投稿される写真の感じが良くてフォローしましたというコメントも多く、500件を超えるいいねがつくこともあります。フォトジェニックな勉強風景が支持されているようです。study_uiさんが使う「#モニグラ」とは、モーニンググラムの略で、朝いつもより早く起きて勉強することを言うようです。若い世代で新しいハッシュタグがどんどん出来てきているのを感じますね。

4-3. __pomme.study

IMG_2474 IMG_2485

https://www.instagram.com/__pomme.study/
フォロワー数人(2016年5月15日現在)
毎回300件以上のいいねをつける_pomme.studyさんのアカウントは、毎回同じテイストの画像加工が施されており、一貫性のあるアカウント運用となっています。また、_pomme.studyさんが使う「#9899students」は、1998年、1999年生まれの現役高校3年生のつながりを見つけるハッシュタグのようで、インスタグラムを通して高校生たちがコミュニケーションをとっていることがわかりますね。

5.まとめ

今回は、最近注目されるマイクロインフルエンサーについてご紹介しました。マルチアカウントでテーマごとにアカウントが運用しやすくなったインスタグラムでは、シーンによってアカウントを使い分けるユーザーが増えているようです。今回の事例でわかったマイクロインフルエンサーの魅力は、

  • テーマを絞った運用をすることで、ファン属性も明確化される
  • コメントなどコミュニケーションを積極的に取るユーザーが多くフォロワーとの距離が近い

上記のようなポイントではないでしょうか?
インフルエンサーとタッグを組んだプロモーションをお考えの際は、インフルエンサーのテーマや、フォロワーとの距離感を意識してみてはいかがでしょうか?

Pocket

インフルエンサーを活用しない新しいPR方法
「P-conne」はこちら!

全国100大学500サークルと連携し、15,000人以上の大学生に協力を仰げる新しいSNS拡散サービス「P-conne(ピーコネ)」は、若年層へのダイレクトアプローチが可能です!SNSを活用したプロモーションにご興味のある方はこちらからどうぞ!

p-conne_CTA

詳細を見る

mautic is open source marketing automation