“インスタトラベラー”へのアプローチが観光ビジネスの鍵になる(前編)

インスタビジネス活用

Pocket

2017年のインスタ映え需要に伴い、今年も観光領域におけるInstagramの活用が著しく増えてきています。
実はその裏側に、“インスタトラベラー”というInstagram上でのトレンドがあることをご存知でしょうか?

インスタアンテナでは、そのインスタトラベラーについて前編・後編に分けて、徹底解説いたします。

目次

1.インスタトラベラーとは?

そもそもインスタトラベラーってなんだ?という方がほとんどかもしれませんし、実際にハッシュタグ数を調べてもそこまで多くありません。

※2018年4月現在 #インスタトラベル [約1,500件]、#インスタトラベラー [約14件]

インスタトラベラーとは、Instagramを活用して旅行先の情報を調べたり、旅行プランを決めたりするユーザーのことを指します。
このユーザーらをいかに自分たちの街や観光スポットを知ってもらうか、そして呼び込めるかが重要です。
もちろん、この流れは日本国内のみにとどまらず、世界で共通して言えることでしょう。

2.なぜ、インスタトラベラーは、旅行先の情報をInstagramで調べるのか

Instagramをはじめ、SNSが旅行ユーザーに与える影響力が高いというデータが出ています。
少し前のデータですが、

  • Facebookで繋がっている友達の写真によって旅行プランに影響を受ける人が52%
  • Facebook上で旅行先のインスピレーションを得る人が87%
  • Facebook上で旅行先で撮った写真などを投稿する人が72%

となっています。
(出典:http://www.olapic.com/resources/the-impact-of-social-media-on-travel-inspiration_blog-p1aw-f1tr-v1th-t1sm/

つまり、SNS上ではよりリアルなユーザーの体験をもとに描写された写真とテキスト(口コミ)が多くのユーザーから投稿されているので、非常に参考になるということです。

上記データはFacebookでの話になりますが、急成長しているInstagramはビジュアルに特化という媒体特性もあり、観光地や旅行先の魅力を発信しやすいという背景があるため、同じことが言えるのではないかと考えられます。
さらに、最近の傾向では2017年流行語大賞にもなった「インスタ映え」という言葉もあるように、Instagramで映える写真が撮れるスポットが話題になることもあります。
そんなインスタ映えスポットは、まだ旅行ガイドブックに記載が無いことも多いため、Instagramで他のユーザーの投稿を見る需要は非常に高まっています。

3.実際のインスタトラベラーの調べ方

では、実際にインスタトラベラーはどのようにInstagram上で観光スポットなどを探すのかについてご紹介いたします。

3-1.大きいハッシュタグワードや地名などで検索をする

例えば、絶景を見に行きたいとなれば「#日本の絶景」で約9万件もの素敵なユーザーから集まった投稿を見ることができます。(2018年4月現在)
Instagramの日本の絶景

温泉に行きたいと思えば、「#温泉旅行」こちらも20万件もの投稿を見ることができます。(2018年4月現在)

Instagramの温泉旅行

ざっくりどの地域に行きたいかが決まってれば地名でも良いでしょう。
例えば「#山口県」など調べると素敵な投稿を多く見つけることができます。

Instagram山口県

どのハッシュタグも素敵な写真が集まっているのがわかります。

3-2.自分のいいねを見つけて、深堀りをする

前項の方法で投稿を見ていると自分が行きたいスポットを見つけることができます。

例えば「#山口県」で出てきた角島大橋は非常に絶景スポットだと思います。

さらにここから「#角島大橋」やユーザー名の下に記載ある位置情報などから深堀りしていきます。
Instagram角島大橋

3-3.口コミ確認と近くの観光スポットも探す

調べている観光スポットの投稿の写真だけではなく、どういう場所だったかを投稿内容(テキスト)から見て、口コミとして活用するインスタトラベラーもいます。
さらにはその内容やハッシュタグを見て、近くの観光スポットなどを見つけることもできるのがご紹介した方法のポイントです。
例えば、「#弁天池」や「#ふぐ」などが同時にハッシュタグとして記載されているので、そこから新たな観光先や地場のグルメなどを見つけることができます。

これ以上はキリがないのでご紹介はしませんが、このようにしてインスタトラベラーはInstagram上で観光スポットを探したり、観光先の情報を収集したりしています。

もちろん、ほかのメディアで話題になった観光先や友達から仕入れた観光先をさらにInstagram上で調べるなどの行動も多くなってきています。

4.前編のまとめ

今回の前編では、インスタトラベラーについてご紹介させていただきました。どのようにInstagramユーザーが旅行先の情報を収集し、旅行先を決めているのかがご理解いただけたかと思います。

2018年も引き続き、観光需要もかなり高まっている中で、Instagram上でのユーザーの動きを知っておくことは非常に重要です。

後編では、実際に観光スポットや街の魅力をインスタトラベラーに見つけてもらう方法やインスタトラベラーを呼び込むための施策についてご紹介いたします。

Pocket

地方活性化にもインスタグラム!
観光事業におけるインスタ活用術を無料で公開!

全国各地の観光地・イベント・名産品の写真が、毎日数多く投稿されているInstagram。昨今ではこうした投稿に触発され、Instagram上で旅行先を決めるユーザーも増えてきています。そんな中、アカウントを作って運用したりユーザー投稿を促進させるフォトキャンペーンを開催したりと、各自治体ごとにユニークな施策が展開されており、Instagramによって観光客を誘致する時代はすでに始まっていると言えるでしょう。

今回は「観光事業におけるInstagram活用術」と題して、

  • ・4人に1人が旅先探しにSNSを活用する時代
  • ・ユーザー投稿を促すハッシュタグ施策
  • ・自治体のフォトキャンペーン事例

など、観光業のSNS担当者必読の資料を無料で公開いたします!


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation