ヘアサロンもインスタグラムで集客できる時代に?ノウハウとポイントを紹介

インスタのイマドキ

Pocket

最近ではインスタグラム内でヘアスタイルを検索する人や、ヘアサロンの情報を集める人が増えてきています。これにはいくつかの要因があり、たとえば「インスタグラムのフィードがまるでヘアカタログのようであること」、「動画の投稿を見て自分がその髪型になるのをより想像しやすいということ」などが挙げられます。

この記事では、ますます盛り上がってきているヘアサロンのインスタグラム活用のノウハウを紹介します。

目次

1.最新!ヘアに関するハッシュタグの変遷

最近の傾向として、インスタグラムの利用者が増え投稿数もそれに比例するように増えるにつれて、ハッシュタグの内容が具体的になってきていることが考えられます。
これまでは「#金髪(18万件以上)」「#マッシュ(26万件以上)」「#ロングヘア(55万件以上)」といった抽象的な内容のハッシュタグが多く使われてきましたが、これらのハッシュタグはこのように数十万件以上と投稿数が多いこともあるため、ユーザーに情報を届けたい側も情報収集したいユーザー側も、どちらにとっても利便性が悪くなっていました。

このような理由から、最近では「#金髪」ではなく「#金髪ロング(2,000件以上)」、「#マッシュ」ではなく「#マッシュレイヤー(1,800件以上)」など、より具体的な内容のハッシュタグの投稿に注目が集まっています。

2.有名ヘアサロンから学ぶインスタグラム活用術

今回参考にさせていただくのが、インスタグラムの活用方法に特徴があるこちらの2つのヘアサロンです。

LECOprofile

ALBUMprofile

2-1.ヘアサロンのインスタグラム・美容師のインスタグラム

ヘアサロン全体、つまり店舗としてのインスタグラムアカウントと、そこで活躍している各々の美容師のインスタグラムアカウントの役割は異なってきます。
まず、店舗のインスタグラムアカウントの役割は「ヘアサロンの雰囲気や世界観の印象付け」ではないでしょうか。

LECOさんの公式アカウントはフィードが洗練されていて垢抜けた統一感があります。また、毎日更新するのではなく、ヘアサロンの事務的な情報を発信することが多いようです。

LECOofficial

一方ALBUMさんは、ヘアアレンジやスタイリング方法を多く投稿しています。これにより「ヘアアレンジやスタイリングのノウハウ集」のような機能をインスタグラムアカウントに持たせることができるため、一般の顧客だけではなくプロの美容師が参考にしていることもあるようです。

ALBUMofficial

また、LECOさんもALBUMさんもフォロー・フォロワーに特徴があります。

LECOfollowfollower

LECOさんのヘアサロンのアカウントは、このように7名の美容師のアカウントだけをフォローしており、ヘアサロンで働く美容師のリストができています。また、ALBUMさんのヘアサロンのアカウントについても同様に店舗に所属をしている美容師のみをフォローすることで、美容師のアカウントへの導線を設けることができています。

ALBUMfollowfollower

ここで、美容師個人のアカウントではどのような投稿がされているのか覗いてみましょう。

soucutsprofile

soucutsfeed

このように、内田さんのアカウントではご自身でカットしたヘアモデルの写真がずらりと並んでいます。ご自身がどのようなカットやカラーリングを得意としているのかを伝えやすいですね。

leco_narumiprofile

leco_narumifeed

一方なるみさんの個人アカウントは、ご自身のファッションや生活が垣間見られるアカウントになっています。美容師としての仕事内容、例えばヘアモデルの写真などの投稿よりも、美容師個人の性格や個性が表れているため親近感を持つことができます。

2-2.画像投稿と動画投稿

インスタグラムでは、仕上がったスタイリングの紹介方法は画像と動画の2パターンがあります。では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

まず画像投稿のメリットは、細かなところまでよく見えるということです。例えば髪色のグラデーションを見せたいとき、つなぎ目がどうなっているかなど、一瞬では気づくことが難しいようなポイントも紹介することができます。
また、ユーザーがヘアサロンに実際に行くとき、美容師に対してオーダーする際に参考にしやすいというメリットもあります。

View this post on Instagram

内田聡一郎さん(@soucuts)がシェアした投稿

一方、動画での投稿にもメリットがあります。それは、髪型の「動き」がわかるということです。最初は写真では伝わりにくい髪の質感や、顔を動かしたときの髪の揺れ具合などが動画の方が伝わりやすく、実際に自分がその髪型になった時のイメージがつきやすいというのが大きなポイントになります。そして何より、画像では伝わりにくいヘアアレンジ方法の紹介に最適だといえるでしょう。

View this post on Instagram

ALBUM Official Instagramさん(@album_hair)がシェアした投稿

3.ヘアサロン用ハッシュタグを考える

ヘアサロン関連のハッシュタグは、より具体的な内容のものが選ばれるようになってきたことは前述の通りです。
そこで、他の投稿に埋もれてしまいにくく、かつフォロワーの獲得や集客に繋げやすいハッシュタグにはどのようなものがあるのかをパターン別に紹介します。

どのようなシーン向けの髪型なのか

特に女性に関しては、なにか特別なイベントがある際にはプロにスタイリングをお願いしたいものです。そこで活用されるハッシュタグには、「そのイベントの具体名+ヘア(orヘアセット)」が挙げられます。

  • #お呼ばれヘア
  • #パーティヘア
  • #結婚式ヘアセット
  • #オフィスヘア
  • #お出かけヘア
  • #二次会ヘア
  • #卒業式ヘア

どのようなテイストの髪色にしたいのか

最近では、カラーのちょっとしたニュアンスの違いにおいてもさまざまなネーミングが付けられており、どのようなカラーリングなのかをよりイメージしやすくなっています。

  • #外国人風カラー
  • #グラデーションカラー
  • #イルミナカラー
  • #ハイトーンカラー
  • #ラベンダーヘア
  • #バレイヤージュ
  • #グレージュ

美容室の場所

もちろん、基本的に施術を受けるためには美容室まで足を運ばなければならないため、位置情報が分かるハッシュタグをつけることは集客に直結するといっても良いでしょう。その場合のハッシュタグは、基本的には「地域名+ヘアサロン(or施術内容)」で構成されます。

  • #渋谷ヘアサロン
  • #原宿美容室
  • #新宿ヘアカラー

髪型(ヘアアレンジ)

なりたい自分になるためには、あらかじめイメージできているスタイリングの名前で検索するユーザーが多いことが考えられます。その場合、たとえばただの「#ボブ」よりも「#外ハネボブ」など、より具体的な名前をハッシュタグに設定することでターゲットの興味関心を惹きつけやすくなります。

  • #ポニーテールアレンジ
  • #波巻き
  • #切りっぱなしボブ
  • #夏ヘアアレンジ
  • #外ハネボブ
  • #時短ヘアアレンジ
  • #くるりんぱ

4.キャンペーンによる集客

ヘアサロンに限らずですが、集客に繋げるためのインスタグラム運用をするためには、やはりどれだけ多くのインスタグラムユーザーに情報を届けられるかがカギになるのではないでしょうか。
これまで紹介したことを実際に生かすことでアカウントのファンを増やしていくことができれば、インスタグラムを絡めたキャンペーンの告知もより多くのユーザーに届けられるようになります。

例えば「指定のハッシュタグを用いてヘアサロンでの写真を投稿していただいた方は10%OFF」などハッシュタグを使って投稿してもらう、または「店舗のアカウントをタグ付けして投稿してくれたらトリートメント無料」などのキャンペーンが考えられます。このようにしてサロン情報や美容師個人のアカウント情報を拡散してもらうのはいかがでしょうか。

5.まとめ

ヘアサロンがターゲットとしている顧客層はインスタグラムユーザーとの親和性が非常に高いため、ヘアサロンのインスタグラム利用数は日々増加しています。
その中でも、より多くのファンを獲得しつつ集客に繋げるためには、インスタグラムの中でいかにしてアカウントを目立たせるか、そしてアカウントを気に入ってもらえるかが大切になってくるでしょう。

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え、多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2018年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation