インスタグラムで画像を分割するグリッド投稿。効果的な使用法は?

基本機能紹介

Pocket

化粧品やスイーツ関係のアカウントでよく見受けられる、写真を分割した投稿。
使ってみたいけど、どうやって使えばエンゲージメントを上げられるかわからない…という人が多いと思います。
そこで今回は実際に写真を分割して投稿している企業のアカウントを見ていきながら、どれくらいのエンゲージメントが期待できるのか、投稿の時間、効果的な分割の使い方を探していきたいと思います!

目次

1.写真を分割…って、どうやるの?

このようなプロフィール画像を見たことはないでしょうか。
大きなインパクトを与えられ、普段の投稿とは少し違った印象を与えられます。
このような投稿を「グリッド投稿」と呼びます。
見た目では難しそうと思われがちな投稿ですが、「Instagrids」というアプリで簡単に投稿することができます。
詳しくは【すぐ使える!】インスタグラム運用におすすめのアプリ&テクニックまとめをご覧ください。

2.分割した画像、最適な投稿頻度は?

グリッド投稿では1枚の写真をアプリを使って分割し、投稿します。
しかし、アプリを使っても、分割した画像を1枚ずつ投稿していく必要があります。そこで今回は投稿頻度を知るために、マツダ(mazdacanada)ハーゲンダッツ(haagendazs_jp)ニトリ(nitori_official)ロクシタン(loccitane)の投稿頻度を分析してみました!
今回は1組の全体画像を選び、それぞれの投稿頻度といいね数を調べました。
普段の投稿に関してはグリッド画像の投稿日にできるだけ近いものを選びました。

分割 いいね数 分割 投稿頻度 普段 いいね数 普段 投稿頻度
マツダ 116.2 同じ週 191.2 1,2回/週
ハーゲンダッツ 3021.2 同じ週 5940.7 1,2回/週
ニトリ 871.7 同じ週 945.7 3回、6回、9回/週
ロクシタン 6585.7 同じ週 5567.6 10回程度/週
いいね数 差 いいね数 差/普段 投稿頻度 違い
マツダ 191.2 -39% 普段以上
ハーゲンダッツ 5940.7 -49% 普段以上
ニトリ 945.7 -8% 普段通り
ロクシタン 5567.6 18% 普段通り

どのアカウントも分割した画像は1週間以内には完成させています。一般的にグリッド画像の投稿、1枚1枚ではエンゲージメントが下がると思われがちです。しかし、普段とグリッド画像の投稿頻度が変わらないアカウントはエンゲージ率もほとんど変わらないことがわかりました。エンゲージメント率を下げないためには普段から投稿数を意識することが大切です。

インスタグラムユーザーはタイムラインに同じアカウントの投稿が連続して表示されることを好みません。
また、分割した画像を中途半端に投稿したままにすると、何の画像かわからなくなってしまい、逆効果です。
そこで適切な投稿頻度でフォロワーに飽きさせないことが重要です。

3.グリッド加工の良さって何?

では、画像を分割した投稿をすることの良さとは何でしょうか。
以下の2点が挙げられると思います。

3-1. インパクトを与えられる

プロフィール画面に大きな画像があると見る人にインパクトを与えられます。マンネリ化してきたプロフィール画面も、グリッド加工を使うことでインスタグラムに力を入れていることをアピールできます。

3-2.プロフィール画面に誘導できる

グリッド投稿は、元の画像の一部分しか見えません。ですから全体像が気になり、プロフィール画面をつい見てみたくなるものです。インスタグラムはサイトのURLをプロフィール画面にしか添付することができません。そこで、プロフィール画面まで誘導させることインスタグラムアカウントにとって、とても重要です。

4.グリッド投稿に力を入れているアカウント

グリッド投稿に力を入れているアカウントを見ていきたいと思います。

4-1.マツダカナダ


@mazdacanada
プロフィール画像のほとんどがグリッド加工を行っており、大きなインパクトを与えています。

4-2.ハーゲンダッツジャパン


@haagendazs_jp
ハーゲンダッツはフレーバーの素材を使った画像でグリッド投稿しています。そこでグリッド画像の9枚のうちの初めの3枚の投稿で「どんなフレーバーでしょう?」といったクイズを投げかけるなど、コメント欄を工夫しています。

5.グリッド加工で注意すること

グリッド加工で注意するべきことをまとめていきます。

5-1.画像がずれてしまう

グリッド加工をしてから、一枚ずつ投稿をすると、画像がずれてしまいます。
また、グリッド画像がずれた上で新たなグリッド画像を投稿すると、昔のグリッド画像の完成図を見ることができなくなり、綺麗なプロフィール画面ではなくなってしまいます。

ニトリなどのアカウントはグリッド画像を投稿して以降、毎週3枚ずつ投稿しています。プロフィール画像は横に3枚ずつ並んで表示されます。
よって、かつてのグリッド画像も崩れずにきれいなプロフィール画面を作成することができています。

5-2.何を紹介している画像なのかわからない

分割した画像が、写真の何もない部分の一部であったりすると、その投稿に興味を持ってもらうことが難しくなります。

自分のアカウントをフォローしておらず、たまたまグリッド画像の一部を見た人に、プロフィール画面に飛んでもらうため、「詳しくはプロフィール画面をみてね」とコメントしておくのも一つの解消法です。

ロクシタンのアカウントでは、分割した画像の全てに自社の商品を載せて、分割した画像にも興味を持ってもらえるような工夫がなされています。

6.効果的なグリッドの活用法

効果的なグリッド投稿についてまとめていきたいと思います!

6-1.グリッド画像に動画をつける

guerlainは分割した写真を動画にすることで、分割された投稿を見ているユーザーを飽きさせない工夫をしています。

6-2.イラストで他とは一味違う投稿!

サントリーは分割する画像は普段との投稿とは違い、イラストの画像にしています。グリッド画像と普段の投稿で違いを生み出しています。

6-3.商品の特徴に合わせて

スターバックスは、紙コップの縦長のフォルムに合わせてグリッド加工をしています。

6-4.グリッド加工だけど何か違う…?

女子高生、女子大生から絶大な支持を誇る、モデルの「るうこ」
彼女のグリッド加工は独特で、女子高生で真似ている人も多いです。
複雑で上級者向けですが、他のグリッドを使ったアカウントと差異を生むために参考にしてみてはいかがでしょうか。

7.まとめ

今まで、さまざまなアカウントからグリッド画像の効果的な投稿頻度や使い方を見てきました。グリッド画像はプロフィール画面で大きなインパクトを与えることができます。グリッド画像の全体像をみるためにプロフィール画面に飛んでくれる機会も増えます。一方で、グリッド画像がずれてしまったり、何の写真を投稿しているかわからないという問題もあります。
投稿頻度や、投稿する画像自体に工夫を施して、グリッド画像を大いに活用してみてください!

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え、多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2017年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation