【テテマーチ独自調査】”懸賞アカウント”は企業アカウントにとって悪か?

【調査の背景】
近年、情報取得・消費行動の場としてSNSが活用されるようになりました。
それに伴い、多くの企業がSNSでのマーケティング活動に取り組むようになっています。


商品やサービスの認知獲得や好意形成の手段の1つとしてキャンペーンがあげられますが、「懸賞アカウント」と呼ばれる”懸賞参加を目的としたTwitterアカウントを保有するユーザー”が現れたことで、キャンペーンそのものがマーケティング手段として有効なのか懐疑的な視点で語られることもあります。

本調査は、Twitterキャンペーンに焦点を絞り、「懸賞アカウントでキャンペーンに参加するユーザーは賞品獲得が目的なので、商品への認知や好意形成という面で有効性が低いのか」「キャンペーンを通して商品の購買意欲は上がっているのか」など、企業のマーケティング手段として有効なのかを判断する目的で実施しました。

ダウンロード方法

下記お申し込みフォームにて必要事項をお送りください。
資料を返信メールに添付させて頂きます。
なお、自動返信メールが届かない場合は入力メールアドレスに誤りがある可能性がございますので、ご確認下さい。

※本資料は企業様向けとなっております。メールアドレスはビジネス用のものをご記入ください。
Gmail,Yahoo!メール等のフリーメールはご利用いただけませんのでご了承ください。

お申し込みフォーム