ストーリーズ活用の可能性は無限大!?噂のストーリーズ職人せとりょうさんに話を聞いてみた

インスタレポート

Pocket

最近、インスタグラムのストーリー活用が注目されてきています。
そんな中、ストーリーを投稿する際にイラレやフォトショ、クリエイティブ作成用のアプリなどに頼らず、インスタグラムに内蔵されている機能だけを使用して、まるで広告や雑誌のようなクオリティのクリエイティブを作る現役大学生をご存知でしょうか。
今回は、話題のストーリー職人せとりょうさんにお話を伺いました。

目次

1.せとりょうさんアカウント紹介

まずは、せとりょうさんのご紹介です。
せとりょうさんは、鹿児島県出身の現役大学生です。カフェ巡りが趣味なのは、ストーリーズハイライトをみれば一目瞭然です。

せとりょうプロフィール
@secchaaan313

せとりょうさんのアカウントの特徴は何と言ってもストーリーズの活用方法です。せとりょうさんのストーリーズ活用はツイッターで話題となり、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

IGTV

また、ストーリーズの作成方法の動画「How to」は上記のようにIGTVに早送りで投稿されています。

今回は、独自の世界観を持つストーリーズ活用についてまるっとお伺いしました。

2.内蔵機能だけでこのクオリティー!?

ーーこのようなストーリーズを作るようになったきっかけはありますか?
せとりょうさん:
去年の3月からワーキングホリデーとしてニュージーランドに行ったのがきっかけでした。ニュージーランドはもともとカフェがたくさんあることが有名で、自分自身もカフェが好きだという軽い気持ちでいろんなお店を巡っていました。
インスタグラムのストーリーズでカフェを投稿する際に、自分の中だけで完結するのではなく、ニュージーランドのカフェの魅力を発信したいと思い、皆さんにご覧いただいているようなストーリーズを作成し始めました。

▼せとりょうさん一押しカフェの投稿
福岡コーヒーhowltcoffee

クリエイティブに妥協したくなかったので、最初はイラレやフォトショで作成するつもりでした。
しかし金銭的にも余裕がなく、どうしようか悩んでいたところ、「ひょっとしたらストーリーズに内蔵されている機能を組み合わせればイケてるクリエイティブが作れるのでは?」と思いました。
そこから、既存の広告クリエイティブをたくさん調べ、参考にできるものはないか研究しました。

ーーこのクオリティーは結構試行錯誤した結果なんですね。
せとりょうさん:
そうですね。このようなストーリーズを投稿しようと思ってから、最初に投稿したクリエイティブと最近投稿したクリエイティブでは全然クオリティが違いますね(笑)
作り始めた当初は「広告 おしゃれ 画像」のように調べて、「こういう構図面白そう!」という真似から入りました。
最近では、ピンタレストも参考にしています。

ーー投稿する素材はどのように選定していますか?
せとりょうさん:
完全に自分の好みですね(笑)
しかし、1つあるのがチェーン店の投稿はしないようにしています。名の知れているカフェを自分が発進するメリットはないので、もっとローカルなカフェに足を運び、見てくれているユーザーに需要がありそうなお店を選定しています。
他と差別化するためにも、みんなが発信できるような投稿は極力避けています。

3.バズるまでの努力とは

ーー今までの投稿の中で、特にエンゲージメントが高かったものや、力作などはありますか?
せとりょうさん:
一番反応が良かったものは、以下の投稿です。

くつざわさん

ちょうど、くつざわさんのツイートで「カメラマンに写真にとってもらった」というツイートを拝見しました。くつざわさんの現在のプロフィールとして使われている写真である、背景が黄色い写真でした。クリエイティブを作成する際に背景色が単色なものだとデザインしやすいという理由もあり、より質の高いクリエイティブができると思ったので、くつざわさんの写真でストーリーズを作らせていただきました。

ーーくつざわさんの投稿の反応が良かった理由は何だと思いますか?
せとりょうさん:
「ストーリーズ機能だけで作ったの?」という意外性が大きかったと思います。普通のストーリーズの活用はすぐに文字を置けて、簡単に発信できる手軽さが魅力的な点だと思いますが、あえて逆手にとってイラレを使ったかのような広告画像かのようなクリエイティブに仕上げる人は少ないと思います。その点を評価していただいたのだと感じています。
実際ありがたいことに「イラレいらないじゃん、、」という声もいただきました。

また、単純にくつざわさんがリツイートして拡散してくれたことが大きいと思います。
彼女が普段一般ユーザーとコミュニケーションをとったり、彼女にメンションをつけた投稿に、いいね(たまにRT)をしている傾向があるのは把握していました。彼女自身もよくエゴサをする傾向があるので、必ず何かしらの反応はくる確信はあり、メンションをつけて投稿しました。実際に彼女からのリプでの反応をいただき、とても嬉しかったです…!

ーークリエイティブの制作時間はどれくらいですか?
せとりょうさん:
だいたい2時間くらいですね…。
一度頭で全体の構成を考えながらクリエイティブを作成して一旦保存し、「How to」の投稿用にもう一度作成しています。
「How to」の動画は、完成系がわかっている状態で作成しないと編集が大変なので…(笑)
構成を練る段階から完成まで、全部含めて約2時間ですね。

ーークリエイティブのデザインは、すべてその場で考えているのですか?
せとりょうさん:
ピンタレストなどを見ながら、だいたいこのようなイメージで行こう、というのは事前に考えています。参考にしているクリエイティブを真似しながら、少しずつオリジナリティを追加して作成しています。

ーー2時間もかかる作業を継続できる秘訣はありますか?
せとりょうさん:
もともと細かい作業が好きなので、苦にはならないです。

▼細かい作業も得意なせとりょうさんの力作です。
ニコンreccoffee

ーーバズる前と後で何か変化はありましたか?
せとりょうさん:
自分にメンションをつけて「作ってみました!」など、自分の投稿を真似していただく投稿を見るようになりました。「いつも見ています。」などのポジティブなコメントもいただくようになり、とても嬉しいです。
また、注目していただくために、ゆうこすさんにメンションをつけて投稿したりもしました。ゆうこすさんが23時からライブ配信しているのを知っていて、配信が終わった時間は絶対にスマホを触っていると思ったので、ライブ配信が終わるタイミングを狙いました。
ゆうこすさんは何かしらの反応をくれると思ったし、ゆうこすさんのフォロワーさんは若年層が多いので、注目していただけると思いました。

ーークリエイティブを作成するにあたって、大変な点はありますか?
せとりょうさん:
アイデアに詰まるのと、細かい作業をスマホで完結させなければいけないことです。
アイデアに詰まった時は、ピンタレストなどいろんなクリエイティブに触れて、新たなアイデアを探しています。
小さい文字を組み合わせる時に押したくない場所を押してしまったり、間違えて消してしまったりすることは多々あってイライラすることはありますね(笑)
画面の下の方でクリエイティブを作成していたら間違えて送信を押してしまい、もう一度作り直したこともあります(笑)
今は、その防止のためにこまめに保存するようにはしていますが、保存すると画質が少し悪くなってしまうので、なるべく保存は使わずに作成しています。

PC上でクリエイティブを作れば、大きい画面で操作できるし間違えても戻るを押して一瞬で元の画面に戻れるので、よくよく考えたら効率悪いなと思ったこともあります。

ーー今はアプリを使えばそれなりにクオリティの高いクリエイティブは作れますが、逆にインスタに内蔵されている機能だけで作成しているのはとても強みだと思います。

4.今後の展望

せとりょうさん

ーーこのストーリーズ活用を通して、企業の方からお仕事のご依頼などいただくことはありますか?
せとりょうさん:
取材は何度かさせていただいたことはありますが、まだ企業さんとお仕事をさせていただいたことはないです。
今後、いろんな企業さんとご一緒できればなと思います。

ーー今後インスタグラム上で新しくチャレンジしてみたいことはありますか?
せとりょうさん:
コンテンツは色々できると思っていて、自分のフォロワーは若い女性の方が多いので、そのフォロワーさんに向けてタピオカやファッションなどのコンテンツも発信していけたらと思っています。
あとは、ティックトックも今伸びているので、今後はIGTVではなくティックトックでも発信していこうと考えています。

ーーフィード投稿をストーリーズのような世界観にしようという考えはありますか?
せとりょうさん:
バズるタイミングが思いの外早く、アカウント全体のブランディングの準備が全然できていませんでした。現在、ブランディングをどうしようかは迷っている最中です。
フィードとストーリーズどちらもブランディングをしっかりしている状態でバズれば、もっとフォロワーも増えたのかなと思います。

編集後記

あえてストーリーズ用の加工アプリやPCを使わずに、インスタグラム内の機能だけで雑誌や広告のようなクオリティーのクリエイティブを作成するせとりょうさん。
クオリティーだけでなく、自分のクリエイティブを発信する力や拡散力もあることがわかりました。どのようにすれば最大限まで情報を拡散できるのかを考えながら、タイミングや時間帯まで細かく設定する大切さを学べるお話になったのではないでしょうか。
とても素敵なセンスの持ち主のせとりょうさんに、今後の活躍を期待しています。

Pocket

インスタグラムの素材作成サービス資料を無料公開!

国内月間アクティブアカウント数が3,300万を突破し、多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。

アカウント運用における世界観の統一、投稿素材をクリエイティブの専門家と一緒に作りませんか?

アカウントの運用担当者様必見の資料です!


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation