イマドキ大学生の旅行事情を#タビジョと考える!Instagram勉強会「インスタゼミvol.6」

インスタレポート

Pocket

6月24日(月)に「インスタゼミvol.6 インスタで見つけて、インスタに収める!イマドキ大学生の旅行事情を#タビジョと考える」が開催されました。
女子旅コミュニティ 「タビジョ」を運営しているエイチ・アイ・エス様とテテマーチの合同開催です!
当日の模様を一部紹介しますので、次回のインスタゼミに参加をご希望の方はぜひ参考になさってください。

目次

1.インスタゼミ概要

インスタゼミの様子

インスタゼミとは、テテマーチが開催している企業向けの参加型勉強会です。現役の大学生が企業に向けて最新のトレンドを発信していることが、インスタゼミの大きな特徴となっています。つまり、「大学生による社会人のための勉強会」ということです。

2.インスタゼミ内容

今回のテーマは「インスタで見つけて、インスタに収める!イマドキ大学生の旅行事情を#タビジョ と考える」でした。
エイチ・アイ・エス運営の女子旅コミュニティ「#タビジョ」のチームリーダーと、テテマーチでInstagramマーケティングに触れる現役大学生が、テテマーチが事前に行った学生への100人アンケートを元に、旅行におけるイマドキのInstagram活用術についてトークセッションを行いました。

登壇者プロフィール

当日は、「#タビジョ」のチームリーダーである丹下さん、テテマーチの学生インターン3名とCOOの松重の計6名が登壇しました。

タビジョとは、「旅先の新たな魅力を発見し共有し合う」ことを目的とした、エイチ・アイ・エス運営の女子旅コミュニティです。2016年3月にアカウントを開設し、2019年7月現在では82,000人を超えるフォロワーを獲得しています。さらに、メインハッシュタグである「#タビジョ」の投稿数は、2019年7月現在で累計169万枚を超えています。
公式Instagram:@tabi_jyo

株式会社 エイチ・アイ・エス コーポレートコミュニケーションチーム チームリーダー
丹下 陽一郎さん

丹下 陽一郎
店舗・コールセンターでの営業、モバイルサイト運営などを経て、現在は、広告グループ コーポレートコミュニケーションチームに所属。ソーシャルメディアなどを通じ、生活者と円滑なコミュニケーションを図ることにより、新たな販売モデルの構築に邁進中。

テテマーチ株式会社 取締役COO松重 秀平

松重 秀平

テテマーチ設立と共に参画、ソーシャルメディア事業部を立ち上げる。主にInstagramマーケティングを中心に大手企業から自治体まで様々なソーシャルメディアの活用支援を行う。過去の実績として、MarkeZineでの執筆やSchooでのオンライン講座等。

テテマーチ 学生マーケター 杉本 佳実(すぎもと よしみ)

杉本 佳実
慶應義塾大学3年生。趣味は読書と旅行と食べること。最近はランチの場所も頼むメニューも、全部Instagramをみて決めてます。
Twitter:@yoshimi_tete
Instagram:@ysm__s12

テテマーチ 学生マーケター 鈴木 登偉 (すずき とうい)

鈴木 登偉

早稲田大学3年生。シンガポールに3年在住、ボストンに半年留学経験あり。Instagramでは旅行で撮り貯めた写真を投稿しています。学生の間に47都道府県制覇を目指して奮闘中!(現在10県のみ。頑張ります。)
Twitter:@toi_s_tete
Instagram:@toy1009022018

テテマーチ 学生マーケター 西本 夏生(にしもと なつき)

西本 夏生

早稲田大学4年生。卒業旅行で海外にいくために貯金中!と言いたいところですが、定期的に弾丸旅行しすぎて一向に貯まりません。LINEよりもInstagramのDMでの会話の方が多いインスタヘビーユーザーです♩
Twitter:@__n_tete
Instagram:@natsu72__

2-1.【第1部】大学生のイマドキInstagramの活用法

第1部では、

  • 大学生に支持される企業アカウントとは?
  • 最新のストーリーズ活用法
  • イマドキのInstagram活用法

の3テーマを軸に大学生のInstagram最新活用事例を取り上げました。

大学生に支持される企業アカウントとは?

ーー松重:
さっそく大学生の最新のInstagram活用法について聞いていこうと思います。大学生が支持するのはどんな企業アカウントなのか考えていきたいと思うんだけど、なっちゃんはどんなアカウントをフォローしてるの?

ーーなっちゃん:
そもそも企業アカウントはあまりフォローしていません。
インスタゼミの様子

ーー松重:
いきなりフォローしないという答えが返ってきましたね。(笑)
フォローしない理由は何かあるの?

ーーなっちゃん:
普段、企業の情報は参考にするのですが、友だちの情報が自動的に流れてくる自分のフィード上では企業からの情報はあまり必要ないなと思うからです。自分が欲しい情報は、欲しい時に自分から調べています。

ーーとういくん:
僕は旅行が好きなので、観光系のアカウントをフォローしていて、エイチ・アイ・エスさんのアカウント(@his_japan)もフォローしています。エイチ・アイ・エスさんのアカウントでは、期間ごとに指定のハッシュタグを作ってユーザーの投稿をリポストしているため、きれいな写真などが定期的に上がってくるのがフォローしている理由です。

ーー丹下さん:
ありがとうございます。自分たちが持っている素材よりも、ユーザーの写真の方が旅をよりリアルに伝えられるので、リポスト機能を活用しながらアカウント運用しています。

ーー松重:
僕たちもアカウント運用をする中で、ユーザーの1コンテンツ、いわゆるUGCの方がエンゲージメントが高いと感じています。とういくんは、アカウントをフォローする上で、どんな情報を求めているの?

ーーとういくん:
僕は海外旅行が好きなので、海外の情報を発信してくれているアカウントをフォローしています。また、周りの人があまり行かないようなスポットなど、ニッチな情報を発信してくれているといいなと思います。

実際に学生100人にアンケートを取ったところ、企業アカウントのフォロー解除をしたことがある人が半数ほどで、その理由として最も多いのが「投稿頻度が多すぎる」という理由でした。
毎日同じような投稿で得られる情報が少ないのに、投稿頻度が多いとうんざりする人が多いようです。
フォロー解除した理由

最新のストーリーズ活用法とは?

ーー松重:
次はストーリーズ活用について聞いていきたいと思います。登壇者の3人はどういう風にストーリーズを使ってる?

ーーなっちゃん:
最近は、数年前、数か月前の思い出をストーリーズに共有するのが流行っています。
昔の思い出を共有する事で、その思い出の場にいた人からDMが来たりして、コミュニケーションの場が生まれます。

ーーとういくん:
僕はストーリーズを2パターンに分けて使っています。
旅行に行く時などの特別な時はハイライトにまとめる用に加工してから投稿しています。日常の中で、Twitterのような感覚で使うときはリアルタイムでの投稿をしています。

ーーよしみん:
私はストーリーズのアンケート機能などを使って、友達の意見を聞くために利用します。最近だと、サマーインターンのエントリーシートのために自分の長所・短所を聞いたり、楽単の相談をしたりしています。Twitterで意見を募るのには抵抗ありますが、ストーリーズだと気軽にできます。

ーー松重:
なるほど。アンケート機能や質問箱の登場で、ストーリーズ内で双方向からユーザーの意見を聞けるようになりましたよね。
タビジョでは、ストーリーズを活用する中で変化を感じることはありましたか?
インスタゼミの様子

ーー丹下さん:
ストーリーズができたときは、今自分が体験していることを発信してもらえるため、投稿にリアリティが出ていいなと思って始めました。最初は、シンプルなストーリーズ投稿が多かったのですが、最近では時間をかけて作っていただいているなと思うような、凝った投稿が増えています。
タビジョの投稿の変化タビジョの投稿の変化
せっかく凝って作っていただいた投稿を24時間で消すのはもったいないと思い、ハイライト活用して投稿を残しています。
それにより、ハイライトを見たユーザーからDMにコメントを頂くケースも増えましたし、ガイドブックに載っていないようなタビジョ目線のオンリーワンのコンテンツになりました。

イマドキのInstagram活用法

ーー松重:
3つ目のテーマとして、「大学生の最新インスタ事情」について聞いていきたいと思います。3人は、普段どんな風にInstagramを使っているの?
インスタゼミの様子

ーーなっちゃん:
私は、髪型やネイルをInstagramで決めることが多いです。美容院で悩んでいる時間がもったいないので、事前にいいと思ったものを保存しておいて、保存機能をカタログのように使っています。

ーーとういくん:
僕は、写真の撮り方や構図を決めるのに使っています。ハッシュタグ検索をして、どう撮るのがいいのか?というのを学んでいます。

ーーよしみん:
私は、ご飯をどこで食べるかを決めるのによく活用しています。友達とご飯に行く時は、LINEでハッシュタグのキャプチャを共有してどこに行くか決めます。食べログの点数は見ずに、Instagramのコメント数や見映えを参考にしています。

このように、イマドキの大学生はハッシュタグで探して保存して、何を選ぶか決めるというように、Instagramで情報収集を行っているようです。

2-2.【第2部】イマドキ大学生のInstagram活用術〜旅行編〜

第2部では、

    • インスタ映えは本当に必要なのか?
    • イマドキの大学生はどうやって旅先を探しているのか?
    • 大学生は旅行にどんなお金のかけ方をしているのか?

について、ディスカッションを行いました。

インスタ映えは本当に必要なのか?

ーー松重:
第2部は、「インスタ映えは本当に必要なのか?」というテーマから話を聞いていきたいと思います。なっちゃんはこれについてどう思う?

ーーなっちゃん:
私は、いわゆる「インスタ映え」はあまり必要ないと思います。それよりも、『写ルンです』やフィルムカメラで撮ったもので、自分たちで自分たちなりの表現するほうが楽しさを感じます。
インスタゼミの様子

ーーとういくん:
僕も、今までの「インスタ映え」の概念は必要ないと思います。写真1枚で「インスタ映え」しているかよりもフィード全体で「映えているか」を判断しています。アカウントの世界観に合うインスタ映えかどうかが重要だと思います。

ーーよしみん:
私は、キラキラしたインスタ映えを求めていません。旅行に行った先のその土地らしさや季節感が出ていたらインスタ映えだと思います。

学生に以下の5枚の写真の中でときめくものはどれかを調査してみると、
③や②の写真が最も人気を集める結果となり、「その場所らしさ」や「エモさ」のあるものが学生に刺さりやすいということがわかりました。
「ときめく写真はどれか」アンケート結果

ーー松重:
タビジョのアカウントでも、昔と最近で反応がいいものは変わってきているのでしょうか?

ーー丹下さん:
最近は、人工物的なインスタ映えの反響が低下し、絶景や自然体験などの投稿が人気になってきています。

イマドキの大学生はどうやって旅先を探しているのか?

ーー松重:
次は、旅先の探し方について聞いていきたいと思うんだけど、3人は旅行先をどうやって決めているの?
インスタゼミの様子

ーーなっちゃん:
私は自力で旅行先を探します。Instagramのハッシュタグで「#沖縄旅行」などと検索して、気になる投稿を見つけて位置情報に飛び、空港に近いかなどを考慮してメインで訪れる場所を選び、ほかに周囲で行けるところがないか探します。

ーーよしみん:
私はInstagramで行きたい場所を調べてからツアーで探しています。ツアーなら王道の観光地を詰めこんだ旅行プランを見つけられるだろうと思い、行きたい場所を見つけたら日数を適当に決めてツアーを探します。

ーーとういくん:
僕はインスタのコメント欄を使って、今の情報を直接聞きます。
最新の情報を聞きたいので、実際に旅行の写真を投稿している人にコメントで聞きます。

アンケートの結果からも、学生が旅先探しでインスピレーションを受けたものはInstagramが58%と最も多く、企業側の情報よりユーザーの口コミを参考にしていることがわかります。
たび探しでインスピレーションを受けたものは?

大学生は旅行にどんなお金のかけ方をしているのか?

ーー松重:
旅先では、宿泊費や食費などのうち、どこにお金をかけるの?

ーーなっちゃん:
宿泊費は『Airbnb』といったサービスを利用してなるべく安く済ませます。その代わり、現地では一切お金をケチらずに、そこでしか食べられないグルメなどにお金をかけています。

ーーとういくん:
僕もスポーツ観戦など、そこでしかできない体験にお金をかけたいので、そのために削れる部分は削って旅行プランを立てます。

ーーよしみん:
私は、その土地ならではの王道観光地を巡るのにお金をかけます!ホテルはそんなにいいところには泊まりません。

アンケートからも、旅行資金でお金をかけたいのは「美味しいものを食べる」「体験レジャー」だという回答が多く、学生は旅行をする上で「そこでしかできない体験」を求めていることがわかりました。旅行サービスのプロモーションは、これを踏まえて行うとより効果が得られやすいのではないでしょうか。
旅行資金についてのアンケート

3.まとめ

登壇者のトークの後は懇親会を行いました。
懇親会ではテテマーチのインターン生も加わり、参加者からの質問に答えたり、トークセッションの話を深掘りしたりと、大変盛り上がっていました。

イベント開催中はTwitterにて多くの参加者の方に「#インスタゼミ出席」のハッシュタグをつけて実況ツイートをしていただきました。当日のコンテンツ内容や会場の雰囲気をより詳しく知りたい方はTwitterにて「#インスタゼミ出席」で検索をお願いいたします。

インスタゼミは第7回も企画中ですので、ぜひご参加をお待ちしております。

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

国内月間アクティブアカウント数が3,300万を突破し、多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2019年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation