インスタグラムのストーリーズを使いこなす!スタンプと動画フィルタの使い方を解説

インスタのイマドキ

Pocket

インスタグラムでは、通常の投稿に対しては従来のフィルターしか利用できませんが、最近よく利用されるようになったストーリーズでは「スタンプ」やリアルタイムで自分の顔にお面をかぶせるような「動画フィルタ」を使って、多彩な表現ができるようになっています。

ストーリーズは現在では広告が入るようになるほど一般的になり、リアルな投稿をチェックし合う習慣ができているため、今後も見逃せないインスタグラムのもう一つの柱となっています。

一定時間が経過すると自動的に削除されるインスタグラムのストーリーズは、自分で意図的に削除しなければずっと公開され続ける一般の投稿と使い分けることで、インスタグラムの楽しみ方の一つとして、すっかり定着したと言えるでしょう。

特にユーザー層は10代、20代が中心となっていますので、インスタグラムをビジネス活用する際に、この層をターゲットにするのであれば無視できない機能となります。

そしてほとんどのユーザーのストーリーズには、テキストや手書きメモ、そして今回紹介するスタンプや動画フィルターが利用されていますので、ぜひこれらの機能を活用してユーザーとのコミュニケーションをより活発にしておきたいものです。

もちろん一般のユーザーも、若者と積極的に交わりたいのであれば、目を惹く面白いストーリーズを公開してみましょう。

今回はこのストーリーズ独自の、「スタンプと動画フィルタ機能の使い方」を説明していきます。

目次

1.気軽なスタンプでストーリーズの写真をデコレーション

スタンプは今やSNSではマストアイテムとも言える存在です。

インスタグラムの通常の投稿は、写真のクオリティーや雰囲気が重視されますが、ストーリーズは時間限定で自分の動向を知らせるための機能です。そのため、アップする写真もカジュアルでフランクなものでも見てもらえます。

そんなストーリーズですから、スタンプを使ってさっと撮影した写真やショートムービをデコレーションして、よりカジュアルに親近感が持てる投稿の方が、フォロワーのウケがよくなります。

ストーリーズでスタンプを使いたいときは、まず先に写真を撮影するか、アルバムから写真を選択します。使用する写真が画面に表示されたら「スタンプ」アイコンをタップします。

使用したいスタンプをタップして選択します。(カメラアイコンをタップすると選択した写真の中にピクチャーインピクチャーで写真が撮影できます)

配置する場所までスタンプをドラッグします。

同じ位置で再度スタンプをタップして、表示するスタンプのバリエーションが変わるものもあります。

スタンプはピンチイン・ピンチアウトすることでサイズが変更でき、二本指で回転すると角度が変更できます。また、一つの写真に複数のスタンプが配置できます。

スタンプの配置が決まったら「ストーリーズ」アイコンをタップしてストーリーズに投稿します。

スタンプの中には「ハッシュタグ」「アンケート」「位置情報」といった項目があり、ストーリーズ上にこれらの内容を表示することも可能です。

2.トレンドの動画フィルターを活用しておもしろ動画を投稿する

動画フィルターは、ストーリーズに投稿するショートムービーにエフェクトを掛けるための機能です。

例えばセルフィーの動画をアップしたいけれど素顔を全てさらしてしまうのは少し抵抗がある時に利用すると便利な機能です。

顔の全体をマスクで隠したようなエフェクトや、動物のイラストが顔に描かれたようなファンシーなフィルターが多数用意されています。

エフェクトは動画撮影中に、リアルタイムで顔などに追従して表示されますので、仕上がりのイメージがしやすく、また、インスタライブで活用することも可能です。

動画フィルターは、ライブ、通常(ストーリーズ)、BOOMERAMGなどのモードでのカメラ起動時に「顔」アイコンをタップしてスタートします。この際、セルフィーで自分の顔を撮る際にはインカメラで撮影するのが一般的でしょう。

フィルターの一覧が表示されますので、ここで利用したいフィルターをタップします。

選択したフィルターが人の顔に適用されますので、撮影ボタンを長押しして動画の撮影、またはライブ配信をスタートすれば、画面に表示されている状態で動画が撮影、またはライブ配信されます。

「ストーリーズ」をタップすればストーリーズに投稿できます。

フィルターを利用する際には、ファンシーなフィルターは女子限定と考えておかないと、見る人によっては悪い反応になってしまう可能性がありますから注意しましょうね。

3.まとめ

ストーリーズには今回紹介したスタンプや動画フィルターの他にも、テキストを入力したり手書きメモを写真上に書き込むことが可能です。

写真に対して自分もフォロワーもコメントが付けられる通常の投稿とは違い、基本的に投稿自体には文字情報が追加できないストーリーズですから、このような写真上に色々な内容を追加できる機能を利用することで、より表現力のある写真を見てもらえるようになるのです。

一定時間が経過すると消えてしまい後から見直すことのできないストーリーズは、通常のインスタグラムの投稿とはまた異なるイメージやメッセージが発信できますので、スタンプや動画フィルターをフルに活用して個性的な、あるいは面白い写真を発信してみてはいかがでしょうか。

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え、多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2017年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation