【インスタレポート】半年でフォロワー10万人越!「無印良品の家」のインスタ運用事例

img_1374
Pocket

インスタレポート第4弾!今回は超短期間で10万人以上のフォロワーを獲得された『無印良品の家』のインスタグラム運用担当者の斉藤さんに、アカウントの開設から現在に至るまでの運用手法について詳しくお話を伺ってきました。

目次

1.ご紹介

1-1.企業紹介

 

160720_madonoie_fix

株式会社 MUJI HOUSE
公式サイト:http://www.muji.net/ie/

1-2.アカウント紹介

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-11-55-25
インスタグラム公式アカウント @mujihouse
:2016年2月より運用をスタート。フォロワー数は約12万人。平均「いいね!」数は2000〜4000。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-15-41-35

フェイスブック公式ページ:https://www.facebook.com/mujiie.jp

今回は「無印良品の家」公式アカウントの運用をされている、「MUJI HOUSE」WEB担当の斉藤さんにお話を伺ってきました。アカウント開設から現在まで、お一人でアカウント管理をされているということで気になる運用方法について詳しくお聞きしました。

2.インスタグラムの運用について

2-1.運営形態について

muji1

ばたしー:
インスタグラムのアカウント運用は一人行なわれているんですか?

斉藤:
はい。フェイスブックの運用と合わせて、インスタグラムの運用も私一人で行っています。

ばたしー:
そうなんですね。
インスタレポートでこれまで取材した担当者様も一人で運用されていましたが、全てお一人で管理されるというのは大変なのではないでしょうか?

斉藤:
いいえ。全くそんなことはありません。
フェイスブックページの更新も行っていますが、それに比べるとインスタグラムはかなり簡単に投稿が行えるので、全然負担にはなっていませんね。

ばたしー:
本当ですか。インスタグラムであっても、日々更新を続けていくというのは中々大変なことではないか思っていたので、そんな風に感じてらっしゃるというのは驚きです。

2-2.運用開始の経緯・目的について

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-22-14-13

ばたしー:
フェイスブックは元々運用されていたということですが、インスタグラムの運用も開始された経緯について教えていただけますか?

斉藤さん:
インスタグラムの運用を開始したのは今年の2月からですが、話自体は結構前からあったんです。元々「無印良品」が公式アカウントを運用していたので、「無印良品の家」でもやろうという流れにはなっていました。

ばたしー:
インスタグラムの流行ぶりをご覧になって一昨年くらいから公式アカウントを持つ企業さまが増えていますし、そういう話が出るのは当然かもしれませんね。

斉藤さん:
そうですね。それで実際にインスタグラムを拝見してみると、「無印良品の家」でお家を建てていただいたオーナーさんの中に、インスタグラムをを使っていらっしゃる方が多かったんです。

家の写真の投稿に「私も建てるんです」などのコメントがされていて、インスタグラム内でオーナーさん同士の繋がりができているようでした。

そのようなオーナーさん同士のコミュニケーションを拝見して、公式でインスタグラムを運用することを考えていきました。

ばたしー:
ハッシュタグを付けて投稿することで、自然とオーナーさん達の間に繋がりが出来ていたんですね。

斉藤さん:
はい。
その様子も拝見したので、今年の2月頃から実際に公式アカウントを設けて運用を開始しました。
一ヶ月程更新を行っていて、特に問題がなさそうだったので3月から本格的な運用を始めました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-22-18-16
️ばたしー:
インスタグラムで公式アカウントを運用する目的を教えてください。

斉藤さん:
「無印良品」を知っている方は多いんですが、衣料品や生活雑貨だけでなく”家”もやっているんだということを知らない方がまだまだ多いので、インスタグラムを通じて寄り多くの人に興味を持っていただきたいと思っています。

ばたしー:
「無印良品の家」の認知度の向上を目的としてらっしゃるんですね。フェイスブックとはユーザー層も違うので、より幅広い方と繋がりが持てそうです。

2-3.ターゲットについて

muji5

ばたしー:
運営する上で、ターゲット層などは定めていらっしゃるんでしょうか?

斎藤さん:
そういうものは全くありませんね。
ブランド自体が男女の差なく、幅広いお客様にお使いいただきたいというイメージなので、アカウント自体も”どんな人向け”というのは考えていません。どんな方でも「無印良品の家」を知っていただければ、と思って運営しています。

ばたしー:
全てのユーザーの方に向けて投稿してらっしゃるんですね。
確かに、学生の私でも楽しくアカウントを拝見させて頂いています。

斉藤さん:
そもそも家自体、誰もが買うというものではありませんから。
たとえ家に興味がある方でなくても、写真の中には雑貨やインテリアなども写っていますので、そちらに目を留めてもらうというのでも良いと思っています。

ばたしー:
確かにアイテム単体で見るよりも、インテリアなどは実際に生活の中に置いてある様子が観れると購買意欲が湧きますね。コーディネートの参考にもなるので、そちらをメインに拝見しているユーザーの方も多いかもしれません。

 

2-4.フォロワーの推移

ばたしー:
現在12万人近いフォロワーを抱えていらっしゃいますが、運用を開始されたのはいつ頃ですか?

斎藤:
初めて投稿したのは2月中旬ですね。一ヶ月程トライアルしてみて、3月から本格的に運用を開始しました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-15-37-31
:初期の投稿(2016年2月16日)

ばたしー:
では、たった半年間でこれだけのフォロワーを獲得してらっしゃるということなんですね。
物凄い伸び率で驚きました。

斎藤:
元々運営していたフェイスブックと、無印良品の公式アカウントからの流入もあってフォロワーは順調に増えてますね。
でも特別なことは何もしていないので、自然に増えていった感じです。

ばたしー:
自然にこれだけのフォロワー数に達しているというのは、本当に凄いことですよね。
運用を始められた時に、何か目標などは設定していらしたんでしょうか?

斎藤さん:
一応半期で目標を決めて運用しています。
運用開始当初は半期で5万フォロワーくらいになればと思っていましたが、1ヶ月ほど運用して大体のペースが把握できたので”半期で10万フォロワー”という目標にシフトしました。

ばたしー:
それ程凄い伸び率だったんですね。
軽々と目標を達成されてらっしゃるので、今後も楽しみです。

2-5.アカウント分析について

muji6

ばたしー:
インスタグラムを運用する上で、アカウントの分析ツールなどは使用してらっしゃいますか?

斎藤さん:
簡単に見てみたことはあるんですが、ほとんど使っていないので細かい分析などはしていない状況ですね。

ばたしー:
そうなんですね。
ビジネスアカウントへの切り替えを行っていますが、活用されていますか?

斎藤さん:
切り替えをしているだけで、積極的に分析を確認したりはしていません。
ほとんど使っていない状態になっていますね。

お問い合わせが数件あった程度で、特に動きはない感じです。

2-6.他のSNSについて

muji7

ばたしー:
インスタグラム以外のSNSについてもお伺いしたいです。

斎藤さん:
今の所、SNSではフェイスブックをメインとして運用しています。フェイスブックはしっかりとしたPR媒体として捉えていますね。

ばたしー:
現在運用されているSNSはフェイスブックとインスタグラムですが、ツイッターはなさらないんですか?

斎藤さん:
今のところ、運用は考えていませんね。
ツイッターは写真ではなく短文で表現するものですので、参考になるような情報が配信しにくく家のプロモーションには合わないと思っています。

ツイッターは流行を取り入れつつ若者の好む雰囲気でやる必要があると思うので、運用のハードルがかなり高いというのもあって検討していません。

3.投稿手法について

3-1.写真

muji9

ばたしー:
実際に投稿している写真についてお聞きしたいのですが、どのようなコンテンツを使用しているのでしょうか?

斎藤さん:
投稿しているものはインスタグラム用に撮影したものなどではなくて、取材などで撮影したものを使用しています。
各地にあるモデルハウスのしっかりとコーディネートされたお部屋や、「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」でリノベーションしたお部屋で撮影されたものなど、元々持っていた資産で更新を行っています。

量はかなりのものなので、コンテンツには困っていませんね。

ばたしー:
コンテンツ不足にお困りの運用担当者様がたくさんいらっしゃると思うので「無印良品の家」さんは、かなり更新に適した環境にあるんですね。

斎藤さん:
そうかもしれません。逆にこれだけコンテンツがなかったら運用できていなかったかも知れませんしね。

私としては、むしろ今まで使い切れなかった”捨てカット”を掘り起こして生かすことができたので嬉しいですね。どの写真も雰囲気はいいんですけど、ウェブ上での限られたレイアウトでは使えないものも多かったので、インスタグラムでこれらのカットを使うことが出来て良かったと思っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-22-26-46

ばたしー:
色々な企画をなさっていて、取材もたくさん行っていらっしゃる「無印良品の家」さんならではのコンテンツ量ですね。

投稿する上で何か意識されてらっしゃることはあるんでしょうか?

斎藤さん:
そうですね。インテリアがしっかりと入っている方が「いいね!」がつきやすい傾向にあるので、意識しています。家とは言いながらも、住んでる雰囲気がしっかりと感じられるものを選んでいますね。

あとは3投稿ずつのまとまりを意識して投稿しています。

3-2.キャプション・ハッシュタグ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-15-08-16
:「#無印良品の家」「#mujihouse

ばたしー:
投稿写真に添えるコメントやハッシュタグはどのように書いていらっしゃるんでしょうか。

斎藤さん:
写真がメインなので、キャプションは関連情報を少し入れるだけにしています。

ハッシュタグについては参考にできるアカウントが無かったので、住宅に関するワードを検索してみて、投稿が多いものなどを使うようにしています。ブランド特有のもの以外は拡散ために使っているという感じですね。

ばたしー:
海外の方からのコメントが非常に多いのは、ハッシュタグが要因でしょうか。

斎藤さん:
そうかもしれません。
家自体は海外対応していないんですが、日本語以外のハッシュタグを付けていると海外の方もどんどん見てくださるようになりました。

3-3.投稿時間帯・頻度

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-15-11-18

ばたしー:
投稿時間について意識されていることはありますか?

斎藤さん:
日中に撮った明るい写真が多いので、家の雰囲気を考えても日中に見るのが適していると感じ、投稿は午前中に行っています。
「明るくて気持ちの良い家」というのが伝われば、と思っています。

ばたしー:
より細かいことになりますが、️投稿頻度などは決めて更新してらっしゃるんでしょうか?

斎藤さん:
運用を開始した当初は1日3回程投稿していましたが、徐々に回数を減らしていってフォロワーが10万超えた辺りから1日1回のペースにしました。

ばたしー:
それでも、毎日更新なさるということですがインスタグラムの運用はご負担にならないんでしょうか?

斎藤さん:
フェイスブックの方もずっとやっていたので、それに比べるとインスタグラムは凄く楽なんですよね。
投稿する時間を決めているので、もう日課になっていますね。

逆に、こんなに簡単に更新できるのにここまでフォロワーがついて下さるのは嬉しい限りです。

3-4.コミュニケーション

muji8

ばたしー:
投稿以外の、ユーザーさんとのコミュニケーションについてもお伺いしたいです。
コメントなどは確認されてらっしゃるんでしょうか?

斎藤さん:
コメントは1日1回以上はチェックしています。写真中のインテリアについて、「どこで売ってますか」などの質問がありますので運用をやり始めた以上は、担当者としてしっかりお応えするようにしています。

ばたしー:
ユーザーさんの投稿などは拝見してらっしゃるんでしょうか。

斎藤さん:
ハッシュタグで検索して、拝見しています。投稿されている写真を見て、実際のオーナーさんが居ればフォローするようにしています。家を見れば、自社のものか分かりますし、皆さんハッシュタグも付けてくださっているので見つけやすいですね。

4.まとめ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-11-53-25

「無印良品の家」のインスタグラム公式アカウントは、運用開始から半年で10万人以上のフォロワーを獲得しており、その運用内容を知りたい担当者の方も多いのではないでしょうか。

 インスタグラム × 住宅

またフォロワー数もさることながら、インスタグラムで非常に多い「ファッション」や「美容」などではなく、「住宅」というジャンルで運用を行なってらっしゃるところも注目ポイントです。運用事例はまだ少ないですが、インスタグラムが住宅との相性も決して悪くないことが良く分かります。

 無印良品 × 無印良品の家

「無印良品」と「無印良品の家」とのアカウントの関係性の良さも、非常に感じられました。違うジャンルでありながら、アカウント同士で高め合めあっているコチラのアカウントは是非合わせてチェックしてみてください。

アカウントの分析に関して、ビジネスアカウントに切り替えていながらも活用はしていないというお話もありましたが、今後「Instagramインサイト」の機能が向上することを期待するばかりです。

インスタグラムは、その効果を測定することが非常に困難なツールではありますが、「無印良品の家」では実際にインスタグラムを拝見した方からの資料請求の件数が非常に多いとのことで、今後もインスタグラムの活用が期待できそうです。

muji10

画像提供: MUJI HOUSE

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え(2016年1月現在)多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2016年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview

資料ダウンロードはこちら!

mautic is open source marketing automation