【スパム対策】炎上リスクを軽減するインスタグラムのコメント除外機能

road-sign-464655_1920
Pocket

企業がSNS導入を足踏みしてしまう大きな要因の1つ、炎上リスク。最近では、モデルの菜々緒さんの激しい叱責や、俳優の山田孝之さんがスパム投稿と戦ったことで、話題になりました。ですが、そのようなリスクを軽減するインスタグラムの新機能「コメントの除外機能」がリリースされました。今回は、コメント除外機能の使い方についてご紹介します。

目次

1.コメントの除外機能とは?

instagram-1474232_1920

コメントの除外機能とは、スパム行為を軽減させるためにインスタグラムが実装したコメント欄のフィルタリング機能です。フォロワーの多いユーザーのコメント欄に商品宣伝のコメントを残したり、投稿とは関係のないサービス紹介のコメントを残す迷惑行為を防ぐことができます。この機能を「ON」にするだけで、不適切として報告のされることの多い言葉や、フレーズが入ったコメントを表示しない設定が可能です。また、カスタムキーワードに入力した指定キーワードを含むコメントを除外することも可能です。
原文:Instagram (http://blog.instagram.com/post/150312324357/160912-news)

2.コメント除外機能の設定方法

スパムコメントを除外する便利なコメント場外機能の設定方法は非常に簡単なのでご紹介します

2-1.基本設定方法

プロフィールページの右上部にある歯車のマークをタップし、オプションページヘ移動します。

b80ddc60e5c6f4ff72e0532ee0dea083 9bc73baee4ce6f1a16cce726e55d8d54

オプションページの設定カテゴリにある「コメント」をタップし、デフォルトキーワードの下にある「不適切なコメントを非表示にする」をタップし、機能を「ON」にします。

ffd2c063ed1c7a05c2d30ba00a976c28 b3d32d8d7aed76f5c69f2be164933992

以上で、不適切として報告のされることの多い言葉や、フレーズが入ったコメントを表示しない設定が完了です。

2-2.カスタムキーワードの除外方法

基本設定で、インスタグラムが不適切であると判断したキーワードやフレーズが入ったコメントはデフォルトで除外されますが、商品名や悪口などなどデフォルトに指定されていないキーワードに関しては、「カスタムキーワード」欄に入力することで除外が可能です。複数のキーワードを指定する場合は、「,(コンマ)」で切りましょう。

6388a007009caae15988782399c2547d

2-3.コメント除外機能の注意点

コメント除外機能を実施し、テストで投稿してみたら書き込めてしまった!と焦らないでください。コメントを書き込んだ側は書き込みができているように見えますが、書き込んだユーザー以外からはコメントは非表示になります。

b02bfa887bf19922cbc0c640d7a1a15a f7a3fe22e516d948406450e8d2ddf5b6

これで、除外設定をしていることがバレることはありませんので、悪質なユーザーがキーワードを変えてくるイタチごっこになるリスクを軽減できます。

3.まとめ

policewoman-985044_1920

今回は新機能「コメントの除外機能」についてご紹介しました。この機能を使えば、企業のアカウント運用でリスクになりがちなスパムコメントや炎上についても軽減することができます。企業の担当者さんは様々なタスクの中でインスタグラムも任せられている方も多いかと思いますので、便利な機能を活用し効率よくインスタグラムを活用してみてはいかがでしょうか?

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え(2016年1月現在)多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2016年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview

資料ダウンロードはこちら!

mautic is open source marketing automation