観光・レジャースポットをインスタグラムで見つける!インスタグラム活用事例【観光・レジャー業界編】

girl-571808_1280
Pocket

町興しや、訪日外国人を囲い込むインバウンド、リピーター獲得など、自治体や観光スポットもインスタグラムアカウントの運用に注力し始めています!今回は有名スポットから地方の町興しアカウントまで観光・レジャースポットのインスタグラムアカウント特集!業界別インスタグラム活用事例第4弾!観光・レジャー業界のインスタグラム活用事例7選をご紹介します!

目次

 

1.清水寺

IMG_1890 IMG_1900

https://www.instagram.com/feel_kiyomizudera/

フォロワー数 129,000人

まずは、国内アカウントでも非常に有名な清水寺の公式アカウントです。プロのカメラマンによる美しく厳かな写真は多くのファンの心をつかんでいます。また、ハッシュタグの英語利用も成功しており、海外フォロワーも数多く獲得できています。インスタグラムを通して海外旅行者の来訪も増えています。

2.横浜赤レンガ倉庫

IMG_1888 IMG_1905

https://www.instagram.com/yokohamaredbrick/
http://www.yokohama-akarenga.jp/akarengagallery/

フォロワー 999人

2015年11月末にインスタグラムアカウントを開設した横浜赤レンガ倉庫では旬な横浜赤レンガ倉庫の写真や、今はもう見ることのできない昔の横浜赤レンガ倉庫の写真などを投稿していく予定とのこと。また、併設されたAkarengagalleryでは、横浜赤レンガ倉庫の位置情報がつけられた投稿をまとめて紹介しています。運営視点の横浜赤レンガ倉庫公式アカウントと、ユーザー視点のAkarengagallaryどちらも楽しみなコンテンツですね。

3.東京ディズニーリゾート

IMG_1894 IMG_1896

https://www.instagram.com/tokyodisneyresort_official/

フォロワー 292,000人

多くのファンユーザーを持つ東京ディズニーリゾートの公式アカウントでは、様々な角度から東京ディズニーリゾートの魅力を発信しています。投稿する写真には多くのフォロワーから、早く行きたい!や、もうすぐ行きます!などのコメントが寄せられており、フォロワーもこのアカウントの投稿を楽しんでいるようです。フォローしてもらうことで、定期的なリマインドを行い、リピーター獲得にも役立っているのではないでしょうか。

4.鴨川シーワールド

IMG_1893 IMG_1906

https://www.instagram.com/kamogawaseaworld/
https://tagplus.jp/kamosea-kando-cp/

フォロワー 900人

千葉県の水族館「鴨川シーワールド」のアカウントでは、シャチのショーや水槽で泳ぐサカナたちの写真だけでなく、レストランの料理やおみやげ品などの写真も投稿しています。一度来場したユーザーにフォローを募ることで、定期的に水族館の情報を流すことができ、リピーター獲得の効果を見込めそうです。また、2015年の夏には「鴨シー“感動体験”!フォトコンテスト」というユーザー参加型のインスタグラムキャンペーンを開催しており、ユーザーと一緒に水族館を盛り上げています。

5.白川郷

IMG_1895 IMG_1902

https://www.instagram.com/shirakawa_go/

フォロワー 4,054人

岐阜の世界遺産「白川郷」では様々な角度から四季折々の白川郷の写真や、動画を投稿しています。投稿される写真の多くは英語でのハッシュタグやコメントが書かれており、海外のユーザーも意識したアカウントになっています。

6.東京シティ競馬(大井競馬場)

IMG_1891 IMG_1901

https://www.instagram.com/tck_keiba/

フォロワー 751人

東京シティ競馬(大井競馬場)では、様々な競走馬の様子や、イベントの写真等を投稿しています。戦国時代の武者の格好をした騎手が馬とともに駆ける相馬野馬追の写真は迫力があり、競馬をやったことのない人が見ても楽しめそうです。投稿には多くのハッシュタグも使用されており、フォロワーへのリピート効果だけでなく新規ユーザーへのアプローチもできているのではないでしょうか。

7.更別村(北海道)

IMG_1892 IMG_1899

https://www.instagram.com/sarabetsu/

フォロワー 287人

北海道更別村のアカウントでは、草花や野生の動物、雄大な雪景色など自然の魅力を発信しています。村内のアマチュアカメラマンさんに協力を仰いだ写真は非常に美しく、壮大な北の大地の魅力を発信しています。ハッシュタグやコメントには英語だけでなく多言語を用いており、海外のユーザーへの情報発信に力を入れています。沢山の観光客を誘致したい村おこしのためのアカウントでした。

8.まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は観光・レジャースポットの特集として自治体からレジャー施設まで様々なアカウントを紹介してきました。どのアカウントも自分たちの魅力を発信しフォロワーのリピートや、ハッシュタグを多用することで新規ユーザーの認知拡大を狙っていますね。また、多くのアカウントでは英語などの活用も盛んになっており海外ユーザーの取り込みにも注力しているようです。

2020年に東京オリンピックを控えインバウンドブームの今、訪日者の誘致には言葉を超えてビジュアルでアピールするインスタグラムを活用してみてはいかがでしょうか?

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え(2016年1月現在)多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2016年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview

資料ダウンロードはこちら!

mautic is open source marketing automation