参加意欲を湧かせよ!インスタグラムキャンペーンの告知方法7選

キャンペーン事例集

Pocket

ターゲットやキャンペーンの目的に応じて告知方法を使い分けできているでしょうか?今回は様々なキャンペーンの告知方法の特徴についてまとめました。

目次

1.インスタグラムで告知

インスタグラム上で告知をする方法も一つではありません。ここでは4つの方法をご紹介します。

1-1.通常投稿

それぞれの公式アカウントで投稿します。既存のファンに対して告知できるので、高い参加率を見込めます。
一方で、新たなユーザーへ訴求しにくかったり、フィードの統一感を失う可能性もあり、あまりに宣伝色が強すぎるとファンが離れてしまうことも…。
ハッシュタグのつけ方を工夫することで、新規ユーザーに見てもらえる可能性も出てきます。

1-2.ストーリー投稿

24時間で投稿が消えてしまうというデメリットがありますが、フィードの統一感を崩す心配がありません。
また、ストーリーの中でもLIVE配信という告知方法もあります。ブランドを身近に感じてもらえるようなコンテンツを気軽に配信できるでしょう。どれだけ良いコンテンツを配信しても視聴者がいないと意味がありませんが、フォロワーに対してプッシュ通知が届くので気づいてもらえます。

1-3.インスタグラム広告

フィード上にのみ表示することができ、通常の投稿の中に混じって表示されます。全てのユーザーから既存の顧客に似たユーザーを探し出して広告を表示させることも可能です。そのため、細かい設定で狙いたいターゲットに向けて広告を表示させたい時や、インスタグラムへの興味、商品に対しての興味があるユーザーへの告知が有効でしょう。

1-4.プロフィールでの紹介

上記の投稿とは変わって、プロフィールで告知をすることも可能です。
例えば、タビジョのアカウントでは、プロフィール文に「#タビジョ」をつけての投稿を促しています。
https://www.instagram.com/tabi_jyo/

2.オウンドメディア


アパレルブランドなど、自社のブランドファンが一定数いる場合に有効です。主に、SNS(Facebook,Instagram,Twitter)や、ウェブサイト、メルマガ等での告知が当てはまります。
また、キャンペーンの目的として、ブランド名などのハッシュタグをストックしていく効果を見込むようなキャンペーンの場合も有効です。ユーザーの継続参加を期待できます。

3.懸賞サイト


無料で且つ短時間で簡単に応募できるため、参加ハードルが低く、誰でも参加しやすいのが特長です。
また、賞品が魅力的な場合が有効でしょう。
ここでは、インスタグラムキャンペーンの告知が行なわれている懸賞サイトを2つご紹介します。

インスタグラム連動キャンペーン制作&管理ツール「CAMPiN」

campin_campin
企業のソーシャルメディアご担当者様、Instagram運用のお悩みはございませんか?”CAMPiN(キャンピン)”は、Instagramにおけるフォロワー獲得や、ユーザーのクチコミ投稿を集めるキャンペーン作成ツールです。CAMPiNには次の3つの特徴があります。

・業界最安の低コスト
・キャンペーンのつくり放題を実現するCMS
・効果測定を簡易化するレポーティング機能

すべてのInstagramご担当者様の味方CAMPiN。詳しくは、CAMPiN特設ページを御覧ください。


CAMPiNの詳細をチェック

関連記事


mautic is open source marketing automation