アパレル・飲食店必見!インスタグラムで効果的なブランディング

98ce8412659d82181c4e7756c600be99_s
Pocket

あなたは今からでも簡単に始められる、効果的なブランディングを知っていますか?

「ブランディング」と聞くとお金や手間がかかるイメージで手をつけられていない。ブランディングを行いたいが、何からどのように始めていけば良いか分からない。等、店舗・商品・ブランドのブランディングをお考えの方へ、今からでも簡単に始められるInstagramを利用した効果的なブランディングを、正確な活用方法から活用事例まで分かりやすく説明いたします。

目次

  1. インスタグラムを利用したブランディングとは?
  2. ブランディングの一環として写真より良く見せるコツ!インスタグラムの写真加工
  3. 今からできる!インスタグラムのブランド戦略
  4. インスタグラムを利用したブランディング事例

1、インスタグラムを利用したブランディングとは?

lgf01a201501250300

ブランディングには様々な手法が存在するが、お金や手間がかかる事が多く、中々積極的に手をつけられないでいるアパレルブランドや飲食店の方は多いのではないでしょうか?

そこで、現在では無料で使えるSNSを上手く活用してブランディングを行っている企業が増えてきています。TwitterやFacebookが代表的なところになりますが、ここ最近では、芸能人などの利用も増えてきたことなどによって、Instagram(インスタグラム)が注目を浴びています。

注:
Instagram(インスタグラム)の利用者数の伸びは著しく、昨年12月には3億ユーザーを突破し、現在ではわずか9カ月で4億ユーザーを突破したと発表がありました。(2015年9月24日現在)

Instagram(インスタグラム)はTwitterと同様、フォローした人の写真がタイムラインに流れる仕組みになっていて、Facebookのように写真に「いいね」ができたり、コメントを書き込むことができるSNSです。

さらに一番の特徴はお洒落にかっこよくフィルターをかけられた画像や15秒以内の動画を配信することができ、その写真や動画にタグ付けする文化が根付いていて、全投稿のうち80%以上の画像・動画にハッシュタグが含まれています。そのような特徴のあるインスタグラムをブランディングの一環として活用する企業が近年増加してきました。

ここでは、そのようなインスタグラムを活用し、効果的なブランディングを行う上での活用方法からアパレルブランド・飲食店の活用事例まで、分かりやすく解説いたします。

 

2、ブランディングの一環として写真より良く見せるコツ! インスタグラムの写真加工

2-1 背景をチルトシフト (ぼかし加工) で被写体を強調する

S__12337161

写真を撮影後、もしくは既存の写真を選択後に、加工画面に移ります。
写真下にあるアイコン3つの内右側のアイコンをクリック。その後、下に表示される項目のうちチルトシフトのアイコンをクリックするとチルトシフト(ぼかし加工)の画面が表示されます。

2-2 背景に直線でぼかし加工を入れる

S__12337158   S__12337159

チルトシフト(ぼかし加工)画面が表示されたら、画像下3つの項目のうち、右側の直線をクリックする。指で動かしながら直線ぼかしの位置調整をしましょう。

上図の左側の写真では上下水平にぼかしを入れた画像になります。右側の写真は左右垂直にぼかしを入れた画像です。

2-3 背景に円形のぼかし加工を入れる

S__12337156   S__12337157

直線ぼかしと同様、指でぼかし位置を調整できます。

上図の左側の写真ではバケットを囲うようにぼかしを入れた写真です。右側の写真は真ん中のタマネギに焦点を当てて周りを円形でぼかし加工した写真になります。

以上、背景にぼかし加工をするだけで被写体が強調され、存在感が出てきます。今回はチルトシフト機能の紹介でしたが、他にもフィルタ機能など、インスタグラムには使える様々な機能が充実しています。商品やメニューなどをより良く見せるためにうまく活用していくことをお勧めします。

3、今からできる!インスタグラムのブランド戦略

3-1 魅力的なプロフィールページを作る

自身のアカウントをフォローしてもらうなどするためには、魅力的なプロフィールページを用意する必要があります。そこで、最近増えてきているのがグリッド写真のようなもの。
グリッドとは、一枚の写真を3・6・9分割し、分割した写真をつなぎ合わせて大きな一枚の写真に見立てる方法です。それができるアプリがこちら

screen568x568    screen2568x568

https://itunes.apple.com/jp/app/instagrids-crop-your-photos/id666575203?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

こちらを利用し、簡単に他との差別化を作り、商品やお店の世界観を大きく出す事ができ、魅力的なプロフィールページを構築する事ができます。また、外部リンクのURLも掲載できるのでお勧めの手法です。

3-2 ハッシュタグを使ってコミュニティーに参加する

ac4aecda3ead08e17c34984619748059_s

Instagramでは冒頭でも説明したとおり、ハッシュタグの文化が根付いており、全投稿のうち80%以上の画像・動画にハッシュタグが含まれてます。そのハッシュタグを使用し、ハッシュタグをつけて検索一覧にのることで、多くのユーザーに写真を見つけてもらいやすくすることが一般的です。

Instagramのハッシュタグは一枚の写真・動画に最大30個のハッシュタグをつけることが可能なため、自社で設定したハッシュタグだけでなく、より多くのユーザーやリーチするのであれば、画像や動画に関連のテーマに関連するキーワードや、instagramで人気のあるハッシュタグ等を追加で設定することも有効です。

このようなインスタグラムならではのハッシュタグマーケティングを通じて新たなコミュニティを作り、既存ユーザーとの関係値を強化しつつ、新規ユーザーとも関係を構築していけるSNSとして多くの企業で注目されています。

3-3 インスタグラムをキャンペーンに利用する

98ce8412659d82181c4e7756c600be99_s

前途のハッシュタグを利用したインスタグラムのキャンペーンを実施する企業が多くなってきました。

Instagramキャンペーンの基本的な流れとしては以下

  • アカウントをフォローし、指定した写真に指定したハッシュタグをつけて参加する
  • 参加者の中から当選者を選定し、Instagramでメッセージを送信する機能(instagramダイレクト)を使って当選のお知らせをする

参加が簡単で分かりやすく、企業側としても気軽に参加者を集めることができるため、多くの企業がinstagramキャンペーンを取り入れています。

次では、そのinstagramキャンペーンを実施したアパレルブランドと飲食店を中心に事例をご紹介します。

4、instagramキャンペーン事例

【アパレル】 PUMA「PUMA PIN UP(プーマ・ピンナップ)」

puma2     puma

左画像: キャンペーンページ  右画像: インスタグラムアカウントページ

参加方法:ハッシュタグ「#pumagjp」をつけて投稿。

プーマストアマガジンのユーザー参加企画「PUMA PIN-UP(プーマ ピンナップ)」

特設サイトで発表されるお題に沿った写真を募集するキャンペーンになります。こちらのキャンペーンは毎月実施していて月によってお題が異なるキャンペーンです。今回のキャンペーンテーマ(お題)は、「シーズン到来!あなたのPUMAランニングスタイル」です。投稿された写真は特設サイト内で掲載されますので、ユーザー同士の繋がりの場にもなっています。

【アパレル】 ESTNATION

estnation      estnation2

左画像: キャンペーンページ  右画像: インスタグラムアカウントページ

インスタグラムの公式アカウント「ESTNATION_JP」をフォローをして、「#HH2014_EST」をつけて写真を投稿するキャンペーン。「Happy Holidays」を感じさせる写真にハッシュタグ「#HH2014_EST」を付けて投稿します。当選者にはエストネーションの優待券や宿泊券が当たる内容として実施しています。

【アパレル】 ジーユー

GU    20151001035153

画像: GUタイムライン  右画像: インスタグラムアカウントページ

アパレルブランド ジーユー(GU)のInstagram (インスタグラム)』を活用したオンラインカタログサイト「GU TimeLine (GUタイムライン)」が行うキャンペーン。約30人のモデルが、GU新商品のグラフィック T シャツを着て「#GUTL」をつけてInstagram投稿すれば、オンラインカタログに掲載されます。 オンラインカタログではGUのブランディングを意識した完成度が高いオンラインカタログが完成います。

【飲食】 ダンキンドーナツ (Dunkin’ Donuts)

dunkin2     dunkin

左画像: キャンペーンページ  右画像: インスタグラムアカウントページ

ハロウィンの時期に合わせたプロモーションキャンペーン。 ハロウィンをテーマに、『ダンキンドーナツのカップをドレスアップ』して「#DresseDD」をつけて投稿するキャンペーンになります。応募の中から抽選で当選者にはダンキンドーナツのギフトカードをプレゼントされます。テーマと時期をうまく使い参考となるキャンペーンですね。

【飲食】 キルン レストラン(kilnrestaurant)

kiln2     kiln

左画像: キャンペーンページ  右画像: インスタグラムアカウントページ

kilnをもっと気軽にご利用いただき、kilnをもっと知っていただきたい、という思いをこめた、夏のInstagramキャンペーンです。

キャンペーンの内容は、kilnの店内又はお料理の写真にハッシュタグ「#kilnrestaurant」をつけて投稿する。その上でkiln公式Instagramアカウント「@kilnrestaurant(以下、公式アカウント)」を検索してフォローするといったキャンペーン内容になっている。

このキャンペーンでは投稿者の中から抽選でプレゼントを贈呈するキャンペーンではなく、参加者(投稿+公式アカウントのフォロー)全員にお一人様あたり1,000円以上利用の場合、お会計時フォロー画面をスタッフに見せるだけで、キャンペーンドリンク(生ビール・グラスワイン・ソフトドリンク)から1杯サービスするキャンペーンになっています。

【飲食】 ビブリオテーク (biblio the’que)

biblio2     biblio

左画像: キャンペーンページ  右画像: インスタグラムアカウントページ

ビブリオテークのパンケーキをお得に食べていただくキャンペーン。キャンペーン内容は#ビブリオテーク をつけて「Instagram」へパンケーキ写真を投稿する。こちらも投稿者全員にもれなく通常価格より 100円OFFになっています。

まとめ

今回はインスタグラムを活用したブランディングの基礎とテクニックから事例までをご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

インスタグラム独特のビジュアルとハッシュタグを活用したマーケティングで、ブランドや店舗のブランド戦略を推進していかれる事をお勧めいたします。

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え(2016年1月現在)多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2016年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview

資料ダウンロードはこちら!

mautic is open source marketing automation