【インスタレポート】ライフハック動画の利用にも期待!ベルメゾンデイズのインスタグラム活用法

インスタレポート

Pocket

 

素敵なインテリアコーディネートがされた写真や有用な動画で人気を集めるBELLEMAISON DAYSさん。今回はその裏に隠された施策を伺ってきました!

目次

1.ご紹介

1-1. BELLEMAISON DAYSさんご紹介

『日々の暮らしに寄り添い、日々愛用いただける丁寧なモノづくりを提案するブランド』をテーマに毎日を素敵に暮らすためのヒントや、デイズのものづくりを紹介しています。

1-2.インスタグラムアカウントご紹介

インスタグラム公式アカウント:@bellemaison_days
開始時期:2015年9月28日
フォロワー数:3万700人

今回はインスタグラムの運用を担当している足立さんにお話を伺いました。

2.投稿手法について

2-1.インスタグラムのアプローチ対象は30代!

Haruka:
インスタグラムを開始したきっかけを教えてください。

足立さん:
BELLEMAISON DAYSのデビューと同時にインスタグラムは開設しました。

ベルメゾンでは、40代以降のお客さまのファン層が厚く、反対に40代未満のお客さまへのアプローチはなかなか難しいと感じていました。

しかし、この世代の方々こそ、結婚をはじめ引っ越し、マイホーム購入というライフステージの変化が大きく、インテリア商材購入の機会が多いため、どうにか知名度を上げ購買層へと取り込みたいと思いました。

そこで、30代の子育て世代の方々がよく使用しているインスタグラムを通し、DAYSを知ってもらうきっかけをつくろうと考え開始に至りました。


インスタグラムを見ていると、最近特にマイホームを買われた方や家づくりの様子をアップしている方が多いなあ、という印象を受けるので、相性がいいのではないかと考えました。

2-2.フォロワーの目に触れる頻度を増やす!

Haruka:
フォロワーが増加してきたタイミングや施策は何かありますか?

足立さん:
アカウントの開設をしてから一部で商品モニターを始めたことは、約1年4か月で1万人のフォロワー突破の要因の1つではないかと考えています。

1万人を突破してからは1日200~300人ペースでフォロワーが増え始め、約2ヶ月後には2万人を超えました。

フォロワーが1万人を超えてくると、投稿に対していいねをつけてくださる人もそれに比例して増加するので、フォローしていないユーザーさんもDAYSを見かける回数が増え、そこでブランドのインスタグラムの存在知ってもらいフォロワーさんも増えたのではないかと認識しています。

また、2016年末までは、投稿回数は週3回だったのですが、2017年に毎日投稿へ変更しました。

そうしたことで、週3回投稿よりもフォロワーの増加を実感できています。

人の目に触れる機会をいかに増やすかということがフォロワー獲得の秘訣になると思います。

2-3.『ユーザー投稿にいいね!』もフォロワー増加のカギ!

Haruka:
他にフォロワーさんを増加させるために何かしていることはありますか?

足立さん:
そうですね。
毎日出社後フォロワーの方の投稿にいいね!をつけるようにしていることは1つ意識していることです。

以前、わたし自身がフォローしている企業からいいね!が私の投稿について嬉しくなり、その会社のファンになった、という実体験もあります。笑

実際、DAYSからいいねがついてうれしい!というユーザーさんからのお声もちらほらいただいています。

2-4.ハッシュタグの定期的な洗い出し

Haruka:
ハッシュタグづけについて何か気にされていることはありますか?

足立さん:
インテリアに興味がある方に見ていただきたいので、「#シンプルライフ」や「#インテリアコーディネート」など人気のハッシュタグをつけるようにしています。その中でも投稿数が多すぎずると他の投稿に埋もれてしまいますし、少なすぎると見る方が減ってしまうので、適度に投稿数のあるハッシュタグを探しています

また、DAYSとしては、シンプルだけど賢い暮らしを提案していきたいので、
#暮らしを楽しむ」「#シンプルな暮らし」など、暮らしぶりについてのハッシュタグをつけるようにもしています。

さらに、ハッシュタグにはトレンドもあるので、月1回人気のハッシュタグを洗い出し、少しずつ変化をつけていくようにしています
他のインスタグラマーさんや競合企業さんのつけていて人気のハッシュタグから見直すようにしています。
最近では「#マイホーム」#新築」というハッシュタグも増えてきているので、そういったものも取り入れるようにしています。

3.投稿コンテンツについて

3-1.コンテンツは撮影素材とリポスト投稿!

Haruka:
コンテンツの構成はどのようになっていますか?

足立さん:
基本的に弊社のブランドカタログの画像を使っています。

当初は、カタログやWEBでお伝えできないような裏側を見せたい!と思い、バイヤーが会議に出ている様子や、わたしが出張に出た時に気になった写真をアップしていました。

しかし、他の業務も重なるために実はネタ集めにかなり苦労していましたし、見返して見ると個人のインスタグラムのようで、画像や内容にあまり統一感もなく、なかなかフォロワーが増えませんでした。

そこで、せっかくカタログのステキな画像があるんだからこれを生かそう!と思いつき、投稿写真を変えてみたところ、全体的に統一感が出て、徐々にフォロワーも増えるようになってきました。

ただ、カタログ画像は横長長方形で撮影されているので、トリミングする際にキレイにはめるのに工夫は施しています。

もう一つのコンテンツとして、他の方がDAYSの商品を使って投稿してくださったものをリポストしています。

カタログで撮影するよりもコーディネートが上手にされ自己投影しやすい写真がたくさんあるので、今後はどんどんリポストしていきたいと思っています。

リポストする際には、写真を使わせていただいた方のアカウントへも飛べるようにしており、その結果そのアカウントにも送客でき、お互いのイメージアップにもつながっています。
実際、リポストさせていただいた方に500名ほど送客できたという実績もあるんです!

こうしてインスタグラム上で紹介させていただいた商品は、他の紹介していない商品よりも統計的に、少し購買層の年代が若いように感じているので、直売効果は目に見えにくいですが多少なりとはあるのではないかと思います。

3-2.インテリアコーディネートがインスタでウケる!

Haruka:
インスタグラムで人気の出る写真というのはどんな種類のものですか?

足立さん:
部屋感が見えてインテリアコーディネートのシーンのイメージが付きやすい画像や、デザインなどが特徴的でオシャレな商品画像にはいいねが付きやすいと感じています。

コーディネート画像は、実際にお家づくりをする際のイメージの参考として見ていただけているのではないかと思うので、部屋の全体の雰囲気が分かり自己投影しやすいものがウケますね。

オシャレな商品画像については、なかなかキーワード検索では見つけにくい商品なのかもしれません。
それゆえ、インスタグラム上で「こんなオシャレで考えられた商品があるよ」と提案できると反応してもらえるのかなと感じています。

店舗で商品を見ているように、インスタグラム上でウィンドウショッピングをするかのように楽しめるアカウントになればいいなと思っています。

3-3.ライフハック動画を生かす!

Haruka:
動画も活用されていますが、どのような投稿になっているのでしょう?

足立さん:
静止画ではなかなか伝えにくい商品は動画を撮影しています。カタログでも動画は伝えられないところであるので、インスタグラムは「素敵だけれどどうやって使うんだろう?」という疑問を動画を用いて解消できるうってつけの場だと思っています。

動画撮影用にセットを購入し、自社内で撮影をしており、背景が白にできたり、光を入れやすくなったり、少しだけですがクオリティが上がってきました。

意外と1.5万回ほど再生して下さっているので、うれしいです。笑

今後は、生活の質があがるようなライフハック動画も作っていきたいと思っています。

ライフハック系の動画は、レシピ動画が最近多いのですが、DAYSとしては、インテリアコーディネートや家づくりのコツ、食事の盛り付けの工夫や写真をうまく撮るコツなど、まだ他社が提案していない、DAYSらしい生活や、暮らしのコツを配信していきたいと考えています。

そういった動画配信は、DAYSの世界観を作り上げると同時に、『賢い暮らしぶりをするには、DAYSのアカウントを見てみよう!』という人を増やせるのではないかと思っています。

4.DAYSならではの取り組みと目標

4-1.インスタグラムユーザーへのお宅訪問

Haruka:
インスタグラムにおける独自の取り組みはなにかございますか?

足立さん:
ステキな暮らしをされているインスタグラムのユーザーのお宅訪問に行かせていただき、商品開発や企画・カタログ画像のヒントを得ています

実は、その方たちは、かなり色んなアイデアをお持ちだったり、色んな商品に詳しかったりします。実際にバイヤー顔負けの商品知識やこだわりとお持ちの方が何名もいらっしゃいます。

おうちづくりにも一本筋の通った考え方をお持ちなので、そういった暮らしぶりを実現するにはどうしたらいいか、と考えるいい刺激をたくさんもらっています。

また、わたしたちがお伺いさせていただくことで、つながりを持てた!とよろこんでくださる方も多いので、インスタグラムという場を超えて、お互いにいい関係が築けるといいなと思っています。

4-2. DAYSの今後の目標とは?

Haruka:
今後インスタグラムを続けていく上での目標を教えてください。

足立さん:
数字的なところでいくと、フォロワー数6万人を目指しています。
2.5万人を超えたところで、フォロワー数が伸び悩んできているため、先ほども述べたようなライフハックの動画活用の他、インテリア系の投稿だけでなく、ごはん系やファッションアイテムも積極的に投稿していきたいと思っています。

また、フォロワー数の増減だけでなく、ハッシュタグ#ベルメゾンデイズの増減も認知度の一つとして計測しており、今年に入ってから、ハッシュタグも徐々に伸びてきて、ようやく1,000件を超えることができました。

『ステキな暮らしぶりをされている方が使っているブランド』という認識で、実際にDAYSの商品が写っていないにも関わらず#ベルメゾンデイズというハッシュタグをつけて投稿して下さる方も徐々に増えてきています。
ハッシュタグを通し、ステキな暮らしぶり=ベルメゾンデイズ という認識が色んな方に波及していけるよう、もっとハッシュタグをつけてくださる方が増える施策を考えていきたいです。

また、数字面以外ですと、DAYSのインスタグラムを社内の人がもっと楽しんでみてくれるといいなと思っています。

最初は、なかなか社内でも認知度が低く、「え、DAYSのインスタグラムってあったんだ!」という方が多かったのですが、
フォロワー数が増えるにつれ「DAYSのインスタグラム、いいね!」や「どうやって運用してるの?」という声が徐々に上がってきました。

そうすることで、ベルメゾンのほかのブランドや担当者をインスタグラムを活用し認知度を上げることに導くことができます。
ベルメゾンやほかのブランドの認知度アップやブランディング活動がもっと楽しいものになっていけばいいな、と思っています。

5.まとめ

自分の暮らしが想像できるインテリアコーディネートのカタログコンテンツやリポスト等における投稿素材の豊富さに加え、フォロワーさんへのいいねや人気ハッシュタグの洗い出し等の運用によって、フォロワーさんを増やしている印象を受けました。
加えて今後のライフハック動画の投稿によりさらに人気を集めそうです!

Pocket

Instagramを上手に活用するための資料を無料公開!

日本国内の法人アカウントも1万を超え(2016年1月現在)多くの企業が取り組み初めるインスタグラム。インスタグラムの「今」、魅力、活用事例までまとめた「2016年版 インスタグラム活用術」。 インスタグラムにご興味のあるご担当者様必見の資料です!

preview


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation