インスタグラムお花見キャンペーン事例をご紹介!

キャンペーン事例集

Pocket

春になると、老若男女問わず人気なお花見。屋台が出たり、満開の桜の下で宴会やピクニックをしたりして、多くの人がお花見を楽しんでいます。
多くの人がお花見を楽しむということは、そこにはビジネスチャンスがあるとも言えます。
そこで、「お花見」をテーマにインスタグラムでキャンペーンを実施した事例を交えながら、そのビジネスチャンスをどう活かすべきか考えてみました。

目次

1. 春といったらお花見

1-1.最近のお花見事情

春になると、多くのお花見客で桜の名所は賑わいます。

楽天リサーチによると、2017年2月3日〜2月4日の期間で、対象者1,000人に対して花見に関する調査を行ったところ次のような結果が出たそうです。

今年の花見の実施予定について聞いたところ、「はい(実施する予定)」は36.8%という結果となった。昨年と比較すると、実施予定者の割合は減少しており、その差は8.3ポイントとなった。また、花見をする場所については「居住地近辺」が74.5%と最も高く、「日帰りで行ける場所(39.4%)」がそれに続いた。「宿泊を含めた遠隔地」については7.6%であり、少数派となった。

前年と比べると、減少傾向にあるようですが、それでも日本の人口で計算するとおよそ4,600万人がお花見をすることになります!近場でお花見をしたり、遠出して花見名所を観光したり…と様々にお花見を楽しむ人が多くいるようです。

楽天リサーチ 公式ホームページ:https://research.rakuten.co.jp/

2.お花見インスタキャンペーン事例

今取り上げたように、花見人口が多いことは分かったかと思います。それと合わせて、インスタグラムのユーザー数も増加しているため、ここ数年で「お花見」をテーマにしたインスタグラムキャンペーンを展開した企業が多く見られました。
そこで、過去のお花見キャンペーンの中から参考にしたいものをいくつかご紹介していきます!

2-1. 西武芝桜2017

西武鉄道が行なっていたインスタグラムキャンペーン。

西武芝桜

期間:2017年4月15日〜2017年5月7日
内容:公式アカウントをフォローし、@seibu_hanasanpoをフォローし、テーマに沿った芝桜を撮影した写真を#西武芝桜2017のハッシュタグをつけて投稿すると、参加者全員に西武鉄道オリジナルグッズのプレゼントがもらえるキャンペーン。

キャンペーンを通して、満開の芝桜の投稿を見る別のユーザーによって、さらに西武線で芝桜を見に行こうとする花見客が増えるかもしれません。

公式ホームページ:https://www.seiburailway.jp

2-2. 全国のお花見を投稿!キャリアマムお花見

主婦の本音をかたちにするマーケティングカンパニーである株式会社キャリア・マムのお花見キャンペーン。

キャリアマム

期間:〜2017年5月7日
内容:キャリア・マム公式アカウント@c_manをフォローして、自宅や外出先で見つけた春を感じるお花の写真を撮影、#キャリアマムお花見のハッシュタグをつけて投稿すると、抽選でキャリアマムグッズがプレゼントされるキャンペーン。一人何点でも投稿が可能。

自宅や外出先での写真を投稿することによって、忙しい主婦の方でも気軽にキャンペーンに参加することができます。

公式ホームページ: http://www.c-mam.co.jp/index.php

2-3. みんなでお花見しよう!お花見CHOYA

満開の桜の下で、みんなで楽しく宴会するのもお花見の醍醐味です。多くの梅酒を提供しているCHOYAでは、宴会する花見客に向け、キャンペーンを行なっていました。

chola

期間:〜2016年4月25日
内容:CHOYAの公式アカウント @choya_officialをフォローし、CHOYA製品とお花が写っている写真を#お花見CHOYAのハッシュタグをつけて投稿。入賞作品に選ばれた投稿に「酔わないウメッシュ」350mlを1ケースプレゼントされるキャンペーン。ツイッターでも同様のキャンペーンを実施していました。

花と梅酒を合わせることで、いわゆる“インスタ映え”の写真を撮影することも楽しめそうです!

公式ホームページ: http://www.choya.co.jp

2-4.花見酒を飲んでハッピーな新緑の季節を迎えよう ハレ春キャンペーン

石川酒造株式会社では、春限定の商品「晴の陽」「春の酔」を発売記念企画として次のようなキャンペーンを行なっていました。

ハレ晴れ

期間:2017年3月22日〜2017年5月15日
内容:石川酒造公式アカウント @ishikawabreweryをフォローし、「花見酒 晴の陽」「花見酒 春の酔」を実際に楽しんでいる写真を、#hareharu17 のハッシュタグをつけて投稿すると、抽選で新緑をハッピーに過ごせる「東京の森」がプレゼントされます。

ハレ晴れ2

このキャンペーンはお花見のシーズンだけでなく、次の新緑の季節につながっています。実際に時間がなくお花見に足を運べなくても、家でお花見気分を味わえるお花見酒のキャンペーンは、家族でも一人でも楽しむことができそうです。

2-5. 桜満開 ぬりえフォトコンテスト

大手ハンバーガーチェーン店LOTTTERIAでも、桜にまつわるキャンペーンが行われていました。

lottery

期間:2017年2月15日〜2017年3月10日
内容:ロッテリア公式アカウント@lotteria_prをフォローした後、①新メニューの写真②桜に関するもの③店頭やホームページにあるぬりえの3つのテーマから1つ選び、オリジナルの写真を撮って、#桜満開ロッテリア のハッシュタグをつけて投稿。応募した中からキッズセットやエビバーガーの引換券が当たるキャンペーン。ツイッターでも同様のキャンペーンが行われていました。

lotteria2

子供から大人まで、春を先取りながら楽しめるようです。新メニューも上手く活用され、宣伝にもなっています。

3.まとめ

ここまで、数々のお花見キャンペーンをご紹介してきましたが、どれもターゲットに合わせた内容になっていました。キャリア・マムのように、一見お花見とは繋がらない企業であっても、あえてお花見を絡めたキャンペーンを行うこともできるようです!
また、流行語にもなった”インスタ映え”が浸透している今、インスタグラムの投稿を意識して写真をとる人も増えています。写真に残したくなるお花見だからこそ、お花見×〇〇とコラボした”映える写真”を撮ってもらうなどのキャンペーンを行うことで、多くのお花見に来たインスタグラムユーザーが楽しんで参加できるものになるのではないでしょうか?

Pocket

地方活性化にもインスタグラム!
観光事業におけるインスタ活用術を無料で公開!

全国各地の観光地・イベント・名産品の写真が、毎日数多く投稿されているInstagram。昨今ではこうした投稿に触発され、Instagram上で旅行先を決めるユーザーも増えてきています。そんな中、アカウントを作って運用したりユーザー投稿を促進させるフォトキャンペーンを開催したりと、各自治体ごとにユニークな施策が展開されており、Instagramによって観光客を誘致する時代はすでに始まっていると言えるでしょう。

今回は「観光事業におけるInstagram活用術」と題して、

  • ・4人に1人が旅先探しにSNSを活用する時代
  • ・ユーザー投稿を促すハッシュタグ施策
  • ・自治体のフォトキャンペーン事例

など、観光業のSNS担当者必読の資料を無料で公開いたします!


資料ダウンロードはこちら!

関連記事


mautic is open source marketing automation